毎週金曜日17:35頃からカモンEチャンネル内で放送中のK'sセレクション。
おなじみのDJ Kazzさんから毎週ON Airした曲のミニ解説をしてもらうことになりました。放送できいたあの曲、もっと知りたーい!と思ったあなたはぜひこちらもチェックしてくださいね。

こんにちは!DJ Kazzです。ダンスミュージックにもいろんなスタイルがありますが、ジャンル関係無しにピックアップした曲をかけていきます!
その中で自分にあったスタイルなど、新しい発見があったらいいなと思います。これからもどうぞよろしく!

   
DJ Kazz's Recommend

バックナンバー>>

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月31日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.RALPH TRESVANT / SENSITIVITY −7”EDIT VERSION−
☆アルバム“RALPH TRESVANT”収録。この曲をかけるとダンス・フロアーが良い雰囲気に包まれる甘茶R&B。スーツでキメているRALPH TRESVANTらしいスタイリッシュでスマートなダンス・ナンバーで女性に大人気。BLAST誌R&Bクラシック100でもピック・アップされた煌びやかな名曲です。

2.GEORGE BENSON feat.JOE SAMPLE / THE GHETTO
☆アルバム“Absolute Benson”収録。’70年代のNEW SOULの立役者DANNY HATHAWAYの音楽史に残る大名曲の極上カヴァーです。GEORGE BENSONの甘いギターも良いですが、女性のハートをくすぐるムーディーなヴォーカルも聴き応えあり!Pro.はMASTERS AT WORKでNUYORICAN SOUL節全開の曲です。

☆☆☆Kool pick☆☆☆
4.SOUNDS OF BLACKNESS / HOLD ON (CHANGE IS COMIN') −LP VERSION

☆アルバム“TIME FOR HEALING”収録。40数名余りのゴスペル/R&Bのモンスター・グループによるエモーショナルなナンバーです。明るいメロディーにハイ・テンションな男性ヴォーカル、更にそれをパワー・アップさせるS.O.Bのコーラス隊は気持ち良すぎ。彼らのヒット曲では他に“THE PRESSURE Pt.1”や“I BELIEVE”がハウス/R&Bクラシックになっています。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月24日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.THE STYLISTICS / CAN'T HELP FALLING IN LOVE
☆’70年代ソウル・シーンのTOPを極めたフィラデルフィア・ソウルの名コーラス・グループによる感動的なカヴァーです。後のレゲエ・バンドUB40によるカヴァーも有名ですが、こちらもSTILISTICSならではのファルセット・ヴォーカルがお洒落な至福のアレンジになっています。若い女性層をも魅了しています。アルバム“FABULOUS”収録。

2.SMOOTH / LOVE GROOVE(GROOVE WITH YOU)−UK FLAVOR-
☆歌とRAP両方こなすL.Aのローティーン(当時)シンガー。しっかりと唄っている彼女のヴォーカルにトランペットの音も心地良い女性ウケ抜群のビッグ・ヒット・ナンバー。リズムもしっとり目で清涼感たっぷりの朗らかな曲です。アルバム“SMOOTH”収録。

3.THE MANHATTAN TRANSFER / SING A STUDY IN BROWN
☆アルバム“SWING”収録。バンジョーとピアノが織り成すメロディーと軽やかなリズムに見事なハーモニーが気持ち良いSWING JAZZ。ウキウキしてくるような曲で、素敵な今宵リスナー皆さんの気分もSWINGしますように。

☆☆☆Kool pick☆☆☆
4.West Angeles C.O.G.I.C. Mass Choir / JOY TO THE WORLD

☆トラディショナルなクリスマス・ソングのゴスペル・コーラス・グループによるダンサブルなナンバー。スピリチュアルでエモーショナルな歌声が持つ熱さ、力強さが感じられます。込み上げるヴォーカル&コーラスに心が洗われるソウルフルな曲です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月17日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.MANHATTANS / CRAZY
☆アルバム“FOREVER BY YOUR SIDE”収録の煌びやかなアーバン・コンテンポラリーの名曲です。小粋なダンス・ビートのお洒落なナンバー。甘〜いソウル・バラードを得意とするコーラス・グループで、しっとりとしたい時には同アルバム収録の“YOU SEND ME”をオススメ!2005年1月17日(mon)、18日(tue)福岡BLUE NOTEでLIVEがあります。

2.POSITIVE FORCE / WE GET THE FUNK
☆盛り上がり系N.Yダンス・クラシックとして有名で、JAZZ、FUNK,HOUSE,R&B,HIP HOP等のDJがこぞってプレイする誰をも踊らせることができるパワー・チューンです。FUNK好きの方にはファンキーなメロディー・ラインとリズム・ギターがリードするグルーヴはたまらないと思います。’79年の曲ながら今もプレイされ続けるパーティー・ミュージックのツボを押さえたダンス・ナンバーでこれからもパーティー・ピープル達をROCKしていくことでしょう。

☆☆☆Kool pick☆☆☆
3.NEW EDITION / I'M STILL IN LOVE WITH YOU

☆夢のメンバー6人で贈るアルバム“HOME AGAIN”収録。心に沁み入るメロディー・ライン、後半には全員がコーラスで盛り上げるヴォーカル・グループの本領発揮したスロー・ジャム。心が安らぐような曲をお探しの方にはオススメ!先日結成20周年となる彼らの8年ぶりのニュー・アルバム“ONE LOVE”をリリースして素晴らしいハーモニーを聴かせてくれています。(残念ながら今回BOBBY BROENは参加していませんが・・・)


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月10日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.COMMON SENSE / RESURRECTION -CLEAN VERSION-
☆2ndアルバム“RESURRECTION”収録。孤高の名JAZZピアニストAHMAD JAMALの“DOLPHIN DANCE"ネタのCOOL & JAZZYなクリスタル感溢れるヒップ・ホップ・クラシック。ごついヒップ・ホップが多い中で、この曲は清流のような美しいピアノのループが癒しを与えてくれます。QUEENS出身の亜ターンテーブリストDJ MISTA SINISTER(元X-Ecutioners)のスクラッチもカッコイイです。COMMON SENSEの曲はハンパなくクオリティーが高いです。

2.INNER LIFE feat.JOCELYN BROWN / MAKE IT LAST FOREVER −UNRELEASED MIX−
☆N.Yダンス・シーンを代表するDIVA‘JOCELYN BROWN'のセッション・バンドのBIG APPLEクラシック。彼女の天駆けるヴォーカルがきらびやかなダンス・フロアーに響き渡ります。如何にもN.Yという感じで綺麗な曲が好きな人にオススメです。INNER LIFEといえば、“AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH”を始め、“I LIKE IT,I LIKE THAT”や“MOMENT OF MY LIFE”“I'M CAUGHT UP”等大ヒットクラシックがあります。


☆☆☆Kool pick☆☆☆
3.Paul Simon with Urubamba And The Jessy Dixon Singers / THE BOXER -LIVE VERSION-

☆ライヴ・アルバム“Paul Simon In Concert LIVE RHYMIN”収録。アメリカン・ポップスの歴史であまりにも有名過ぎるデュオの代表曲で、ソロコンサートの模様を録音したということもあり、Paul Simonの生き生きとした歌声、観客の歓声が凄いです。またオリジナルVer.とは違い南米アンデスの民族楽器ケーナ等の演奏が加わることによりこの曲に新たな息吹が生まれています。何時聴いてもジーンとくる名曲です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月3日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.SHAQUILLE O'NEAL feat.Common&Black Thought / IN THE SUN -REMIX-
☆オリジナルVer.はアルバム“Shaquill O'neal Pれ船tsHis Superfriends Vol.1”収録。ウェッサイ・ブーム人気の中で出たヒット・チューンです。CommonとBlack ThoughtをFeat.した渋くて良い感じのウエスト・コースト・ヒップ・ホップで、サビの女性の歌声が気持ち良い曲です。全く違うオリジナルVer.は優しいピアノのメロディーが心地良い浮遊感のある曲です。SHAQUILLE O'NEALは現在MAIAM HEATで活躍中!!

2.AZUCAR MORENO / MAMBO −CD MIX-
☆’89〜’91年初頭イタロ・ハウスが全盛で、同’91年ベルギーから全世界に向けて発信されるハード・コア・テクノが猛威を奮おうとする前に、フラメンコ・ハウスを引っ提げてスペインから登場した女性デュオ。ハウス・ビートに派手なホーンを乗せたラテン・ナンバーで、途中のMAMBO TIMEからのピアノを弾きまくるところから激盛り上がるパーティー・チューンです。

☆☆☆Kool pick☆☆☆
3.STING / Demolition Man -Soulpower Vocal Mix-

☆THE POLICE時代、またソロでも活躍中で数多くのヒット・ナンバーを出し続けるSTING。大ヒット映画からの人気曲の煙が立ち込めるような黒いリミックスで、HIP HOP/R&B系のCLUBで、またハウス・ダブ・ミックスはFRANKIE KNUCKLESのへヴィー・プレーも手伝ってHOUSE系シーンでヒットしました。2005年1月8日(TUE)福岡国際センターで来日コンサートがあります。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月26日on Air
今週も先週に引き続きノンストップで5曲です!!

Power Play List
1.THE MICHAEL SCHENKER GROUP / ROCK MY NIGHTS AWAY
☆アルバム“BULIT TO DESTROY”収録。孤高のスーパーギタリストMICHAEL SCHENKERのヘッド・バンキング・ナンバー。メロディーもノリやすくギター・プレイも熱いです。スーパーギタリストと呼ばれるアーティストは数多くいますが、彼も間違いなくその一人です。


2.RUN DMC / MY ADIDAS
☆HIP HOPの歴史を語る上で絶対に外すことのできないオリジネーター。はじめてグラミー賞を受賞したラップ・グループであり、初めてMTVでビデオがオン・エアーされたラップ・グループ、そして初めてプラチナ・アルバム(100万枚)となったラップ・グループという輝かしい足跡を残しました。


3.SHAMPOO / DELICIOUS

☆アルバム“We are Shampoo”収録。如何にもロンドンという音で、新世代PUNKの女の子2人組として凄い人気を集めました。ティーン・エイジャーらしい若さ爆発の好感の持てる曲で、「PUNKは苦手」という人からもウケの良いダンス・チューンでした。

4.NICK KAMEN with MADONNA / EACH TIME YOU BREAK MY HEART
☆MADONNAが自分から作詞、作曲、プロデュースを申し出た曲で全英チャート第5位の大ヒット。NICK KAMENは’86年当時イギリスの人気コマーシャル「リーヴァイス501」のイメージ・ボーイとして活躍していたロンドン出身のファッション・モデルでした。

5.KIM WILDE / YOU CAME
☆アルバム“CLOSE”収録。パワフルなロックン・ローラーだった彼女のダンサブル・ナンバーで、熱烈なラヴ・ソングです。KIM WILDEといえばTHE SUPREMSの名曲“YOU KEEP ME HANGIN' ON”をダンス・ロック的アレンジでカヴァーして全米No.1ヒットした事で有名ですが、このヒットをきっかけにポップ感覚やR&Bのカラーを取り入れてステップ・アップしました。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月19日on Air
今週はノンストップで5曲!!

Power Play List
1.LIL MO feat.LIL WAYNE / HOT GIRL
☆BRAND NEW R&B!中近東系サウンド・ブーム復活を思わせるアクの強いアグレッシヴな曲です。女性ウケ抜群の‘4EVER'が大人気のLIL MOのカワイイ声もこの曲はハードに聞こえます。feat.されたLIL WAYNEはCASH MONEY一派HOT BOYSのメンバーで、現在NIVEAと・・中!!


2.THE BRAND NEW HEAVIES feat. N'DEA DAVENPORT / NEVER STOP −SINGLE EDIT REMIX-
☆JAZZをキー・ワードにしたダンス・バンドの中ではトップクラスのB.N.H.この人たちの実力に間違いはありません。ACID JAZZらしいクールなイントロからドラマティックに盛り上がっていくサウンドで、メロウネスを湛えた根強い人気のナンバーです。クラブシーンだけでなくビルボードでも3位になったヒット曲です。


3.MADONNA feat. MISSY ELLIOT / INTO THE HOLLYWOOD GROOVE −THE PASSENGER MIX-

☆ファッションブランドGAPの2003年秋のCMソングとして使われ、またMTV VMAのオープニング・アクトでこの曲をパフォーマンスしてましたね。CLUBでも大ブレイクしました。“AMERICAN LIFE"のリミックスでのコラボに次いでのコンビ結成でした。センセーションを巻き起こすMADONNAからこれからも目が離せません。

4.NIGHT RANGER / SISTER CHRISTIAN
☆アルバム“MIDNIGHT MADNESS"収録。USロックの王道的なバラード・ロックでメロディアスなサウンドとポジティブな歌詞で全米チャートHOT100でも大ヒットしました。ハード・ロック・バンド人気が全盛だった当時、エネルギッシュなツイン・ギターを売りにした人気の実力派バンドでした。

5.NIVEA feat. LIL JON & YOUNGBLOODS / OKAY
☆BRAND NEW R&B!ネクスト・ジェネレーションHIP HOP/R&Bクイーンと言われるNIVEAが、現在のサウス・サイド・ブームの立役者のLIL JONと、J-BOによるデュオYOUNGBLOODSをfeat.した黒いメロー・チューン。NIVEAのキュートなヴォーカルと“スキヤキ”サウンドの相性はバッチリでヒット間違いなし!!


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    11月5日放送分

1.PHIL COLLINS / SUSSUDIO
☆GENESISのドラマー、ミュージシャンとして、また敏腕プロデューサー、メロディー・マイカーの顔を持つPHIL COLLINSの3rdアルバム“NO JACKET REQUEST”(全米チャート6週連続、全米チャート4週連続No.1)収録。アップ・テンポで盛り上がるダンス・ナンバーで、バックを彩るE.W&Fのブラス・セクションであるPHOENIX HORNの演奏が体を揺らします。またこの曲当時は実はブレイク・ダンス・ナンバーとしても人気があったって知ってましたか?

2.BEYONCE / MY MAN
☆BRAND NEW!何とも意味深なタイトル。恋人のJAY-Zの事なんでしょうか?東洋的なイントロが印象的で、BEYONCEのやわらかなヴォーカルが心地よいヒット確実なナンバー。またR&Bシーンを代表するDESTINY'S CHILDの
3年ぶりのニュー・アルバム「Destiny Fulfilled」が11/10にリリースされるので、こちらにも期待が高まります。第1弾シングルは‘LOSE MY BREATH’という曲です。

Kool pick←DJ Kazzイチオシナンバー♪
3.BABYFACE presents Various R&B Hip Hop All Stars / WAKE UP EVERYBODY
☆BABYFACEが呼びかけて集まった豪華メンバーによる今秋超目玉ナンバー。オリジナルはHAROLD MELVIN & THE BLUE NOTESでハッピーなヴァイヴを持った良い曲です。このカヴァーに参加した凄すぎるアーティストはWYCLEF JEAN(ex−FUGEES)、MONICA,EVE, ASHANTI, MUSIQ, FAITH EVANS, MARY J.BLIGE,BRANDY,FABOLOUS,JADAKISS, JAHEIM,CLAUDETTE ORTIS(ex−CITY HIGH)、JAMIE FOXX,MISSY ERIOT,NATE DOGG,FLOETRY,RAPHAEL SAADIQ,JON B、BILAL,OMARION(B2K)です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    10月29日放送分

1.OLA JAGUN&THE ANCESTRAL RHYTHMS / ODO OYA −LP version(edit)-
☆OLA JAGUNというドラマー&パーカッショニストをリーダーにする4〜5人のバンドの曲で、民族語のヴォーカルとバック・コーラスに強引にBODYを揺さぶり動かす怒濤のリズムとうねりまくるキーボードが独特のグルーヴを作り上げています。非常にハマるトランシーな曲なので踊りすぎにはYO!注意。

2.CARROL THOMPSON / LET'S STAY TOGETHER
☆アルバム“LOVE SONGS”収録。ソウル・シスター CARROL THOMPSONはフィラデルフィア・ソウルや’70年代のコーラス・グループの曲が好きで、メロウな歌唱の中にノスタルジックな雰囲気を醸し出す彼女のヴォーカルはラヴァーズ・ロックというより、UKソウルといったほうがイイかも?!ポップR&B〜ゴスペルまでうたいこなしたソウル・シンガーAL GREENの名曲のカヴァーですが、この曲はスティール・ドラムの心地良い音色がオリジナルにはない明るさ、開放感を出しています。

Kool pick←DJ Kazzイチオシナンバー♪
3.MONTEL JORDAN / WHAT'S ON TONIGHT

☆DEF JAM傘下DEF SOULの看板アーティストの2ndアルバム“MORE・・・”収録。完成度が高い安心して聴けるアルバムです。この曲もスムースでマイルドな彼本来の歌心満点なスロー・ナンバーでJAZZYなイントロもGOOD!他に彼の作品では“THIS IS HOW WE DO IT”では彼のパワフルなヴォーカルが聞けるクラシックで今でもダンス・フロアーをロック中!!また“SUPA STAR”はあの名曲を使って・・・。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    10月22日放送分

1.EMF / UNBELIEVABLE
☆アルバム“Schubert Dip”収録。ミリオン・ダラー・ボーイズEMFのデビュー・シングルで、全英チャート2位、全米チャート1位になった大ヒット・ダンス・ヒットナンバー。“I BELIEVE”のスリリングさとは違い、ミッド・テンポながらもワイルドな曲でCLUBでも大ヒットしました。JESUS JONESの弟分と言われたEMFのマッド・チェスター・サウンドは若い男女に人気がありました。AFRIKA BAMBAATAAによるFUNK MIXというリミックスVer.もあり。

2.R.Kelly & Jay-Z / BIG CHIPS
☆BRAND NEW!!アルバム“HAPPY PEOPLE”が絶好調のR.Kellyとヒップ・ホップ界からアルバム“THE BLACK ALBUM”を最後に引退したヒップ・ホップ・スターJay-Zの2人によるこれからリリースされるアルバム“UNFINISHED BUSINESS”収録予定曲。“Don't Let Me Die”と言う曲もシングルカット予定。相性抜群のこのコンビによる今秋話題の曲で、大ヒット間違いナシ!!

Kool pick←DJ Kazzイチオシナンバー♪
3.SOUL U SOUL / BACK TO LIFE =MASTERS AT WORK HOUSE MIX=

☆レア・グルーヴ・マスターJAZZY Bによるグランド・ビートの代名詞となった“KEEP ON MOVIN”が有名ですが、“BACK TO LIFE”も人気の高いグランド・ビート・クラシックで、MARY J.BLIGEもカヴァーしたいます。このVer.はCARON WHEELERの込み上げるヴォーカルをバウンシーなハウス・ビートにのせた心地良いリミックスで、FRANKIE KNUCKLESも当時へヴィー・プレイしていました。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    10月8日放送分

1.CLEOPATRA / LIFE AIN'T EASY -FULL CREW REMIX-
☆オリジナルVer.はアルバム“COMIN'ATCHA!"収録。メロウなオリジナルVer.とは違い、大ネタ(JACKSON5 & GAP BAND)を上手く使ったキャッチーなメロディーとアップテンポなリズムに絡むラップが良いスパイスとして効いています。ヴォーカルとゴスペルライクなコーラスがかわいいキッズグループの極上のR&Bです。彼女達を見出したMADONNAも流石!!

2.KEV-E-KEV&AK-B / LISTEN TO THE MAN ーCLUB REMIX-
☆数多くある“JAMES BROWN/FUNNY DRUMMER”をネタに使った曲の中でもベストワークの傑作ミドル・スクール・クラシックで、ファンキーすぎるイントロでもうK.O!他にKEVIE KEVの代表作と言えば“MARY KANE GIRLS/ALL NIGHT LONG”のカヴァーラップ“ALL NIGHT LONG”で突然飛び出してくる「私は東京好き」という妙なフレーズが入ることで人気のオールド・スクール・クラシックもあります。

Kool pick←DJ Kazzイチオシナンバー♪
3.MICHAEL JACKSON / YOU ARE NOT ALONE −CLASSIC CLUB MIX-

☆オリジナルVer.はアルバム“HISTORY”収録で、R.KELLYのR&Bテイスト溢れる美しい曲。しかしこのVer.はFRNKIE KNUCKLES らしいピアノの調べが綺麗なリミックス・ワークでダンス・ミュージックのトレンドのセンスを得て生き生きとしています。かなり唄いこんだ、いかにもMICHAELといった感じです。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    10月1日放送分

1.KARYN WHITE / SECRET RENDEZVOUS -ZANZIBAR MIX-
☆オリジナルVer.はアルバム“KARYN WHITE”収録。きらびやかな哀愁のメロディーで、ダンス・チャート、ブラック・コンテンポラリー・チャートでヒットしました。KARYN WHITEはLa face(L.A.Reid&BABY FACE)とJAM&LEWISのプロデュースでディスコ/ダンス・武羅夫で次々とヒットを飛ばし人気シンガーの仲間入りしました。またフュージョン・アーティストの“JEFF LORBER/FACTS OF LOVE”にFeat.されてコケティッシュに唄っています。

2.PLANET ASIA / FULL COURSE MEALS
☆ウエスト・コーストの重鎮RASCOの’98念のアンダーグラウンド・アンセム“TAKE IT BACK HOME”にFeat.されて一気にブレイクしたラッパーのNEW!!HIP HOPが生んだ天才プロデューサーPETE ROCKのスクラッチがPLANET ASIAのスキルフルなフロウを引き立たせています。PETE ROCK独特の’50年代テイストのJAZZホーン・アレンジは何時もながらSOUL心を感じさせます。

Kool pick←DJ Kazzイチオシナンバー♪
3.IKE&TINA TURNER / PROUD MARY

☆原曲はCCR(クリーデンズ・クリアウォーター・リヴァイバル)の’69年のヒット曲で、IKE&TINAによるこのカヴァーも大ヒットしました。これはIKE&TINA TURNER黄金時代のヒット・ナンバー。TINA TURNERは後にソロに転向して’84年の第27回グラミー賞で最優秀女性歌手賞等の4部門でWINNERになっています。TINA TURNER・・・彼女はまさにダイナマイト・ソウル・シンガーです。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    9月17日放送分

1.RICK JAMES / SUPER FREAK
☆オリジナルVer.はアルバム“STREET SONGS"収録。ロッキンでファンキーなダンス・クラシックでM.C.HAMMERの大ヒット曲の元ネタとしても有名。後半の唸りまくるシンセにからむRICK JAMESの猫声系の(ミャオ〜という感じの)ヴォーカルは、当時COMMODORESにいた頃のLIONEL RICHIEも同じスタイルでやっていて、異端児と言われてもRICKもやっぱり牛街のアーティストだなと思います。

2.USHER feat.BEYONCE&ALICIA KEYS / MY BOO Pt.2 (3person Duet version)
☆BRAND NEW!世界を魅了するUS R&B界の3大スターの共演ナンバーです。N.Y.の街角では“Yeah!"がかかりまくりストリート・ダンサーが踊りまくっているという大ヒットをとばしたUSHERに、グラミー賞5冠を獲得したALICIA KEYSとBEYOBCEがゲスト参加したHOTなビッグ・チューンです。しっとりとしたメロディに3人のヴォーカルがグッとくるミディアムR&B。ファンの方はCheck it Out!

3.GEORGE DUKE / I WANT YOU FOR MYSELF −SPECIAL DISCO VERSION-
☆オリジナルver.はアルバム“MASTER OF THE GAME"収録。流麗なJAZZピアノ・ソロがお洒落感を醸し出し、軽やかなシンセがムーディーな大人の夜を感じさせる心地よいダンス・クラシック名曲です。ソフトなハーモニーがいかにもGEORGE DUKEらしくて、後にSHAKATAK等がこのサウンドを受け継いでいます。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    9月10日放送分

1.THE WHO / BABA O'RILEY
☆アルバム“WHO'S NEXT"収録。ロックや、モッズ、パンクからも支持を得たモンスター・バンドによるすごくスケールのデカイ曲。しかし、ピート・タウンゼンはギターをいったい何本叩き壊したのでしょう?彼らの作品では“EMINENCE FRONT"という曲がN.Y.ダンスクラシックです。今年7月の‘THE ROCK ODYSSEY 2004'でのLIVEパフォーマンスも凄くよかったそうです。

2.ANGELIQUE KIDOJO / BATONGA
☆ワールド・ミュージックのクロス・オーヴァー・サウンドで人気の高いシンガーでN.Y.のDJ達もヘヴィ・プレイするナンバーです。日本でも大阪で活躍する‘A HUNDRED BIRDS'というバンドが’01年にこの曲をカヴァーして、マイアミで行なわれたウィンター・ミュージック・カンファレンスで大好評を得たことで、オリジナルの人気が再燃しました。ジャンルを超えて総てのダンス・ミュージック・ファンに聴いて欲しいスペシャルな曲です。

3.HAZELL DEAN duet with DARYL PANDY / AIN'T NOTHING LIKE THE REAL THING
☆アルバム“ALWAYS"収録。マーヴィン・ゲイがタミー・テレルとのデュエットで’68年にTOP10ヒットさせた曲のカヴァーで、ハッピーなラヴ・ソングです。ヘイゼル・ディーンの熱唱には驚きました。またこのアルバムからは“TURN IT INTO LOVE"という曲が大ヒットして、この曲は後に日本でもWINKがカヴァーしてヒットしました。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    8月20日放送分

1.CHAKA DEMUS & PLIERS with JACK RADICS & TAXI GANG / TWIST AND SHOUT
☆オリジナルver.はアルバム“TWIST AND SHOUT(Tears Me)”収録。全英チャートNo.1 になったレゲエ・カヴァーです。“Bam Bam"のヒットで人気絶頂期に出したナンバーで、原曲が原曲だけに「これでノレなきゃぁウソだ!」のゴキゲンなダンス・ホールです。

2.SWV / RIGHT HERE -HUMAN NATURE RADIO MIX-
☆1stアルバム“IT'S ABOUT TIME”収録。SWVの代表曲で、ヴォーカル&コーラスワークがほのぼのとした気持ち良いR&Bの王道を行っています。キュートなヴォーカルと独特のメロディーラインで現在に通じるR&Bのニューフロンティアになった曲です。ヒット曲が沢山ある彼女達はいつもハイ・クオリティーなサウンドを聴かせてくれます。

3.ROY AYERS UBIQUITY  / RUNNING AWAY −LONG VERSION-
☆オリジナルver.はアルバム“LIFE LINE"収録。グレートなヴィブラフォンの名手の彼の演奏が聞けます。何年経っても色褪せることのないGOOD GROOVEのJAZZ FUNKです。A TRIBE CALLED QUESTもデビュー12”“DESCRIPTION OF A FOOL”でこの曲をサンプリングしました。ロイ・エアーズこそがCLUB JAZZのルーツです。



DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    8月6日放送分

1.KC AND THE SUNSHINE BAND /I WILL LOVE YOU TOMORROW
☆アルバム“WHO DO YA(LOVE)"収録。カリビアン・テイストな明るいディスコ・ナンバー。‘KC&ザ・サンシャイン・バンド’は白人ながら‘Soul Train'に出演してブラック・クラウド達から熱い人気を集めました。’70年代に数多くのNo.1ヒットを持つバンドで、ディスコ・キングは今でも現役活躍中です。その根強い人気の源は陽気さでしょう。

2.Nami Shimada (島田奈美) / SUN SHOWER −LARRY LEVAN'S VOCAL MIX-
☆’91年当時といえばN.Yハウスはとてもよい状態に成熟し、また日本では東京のクラブを中心にハウス・カルチャーが律動し始めた、現在とは全く違うパワーがみなぎっていました。この曲のプロデュースはDJ YUTAKA達と共に活躍した‘寺田創一’という人で、この1曲で世界に名を知らしめました。日本盤でこの‘LARRY LEVAN’のリミックスと、初期MADONNNAをプロデュースして人気だった‘MARK KAMINS'のリミックスをカップリングしたCDがリリースされセンセーションを巻き起こしました。

3.COURTNEY PINE feat. CARROL THOMPSON / I'M STILL WAITING
☆アルバム“CLOSER TO HOME"収録。ソウル・シスター‘CARROL THOMPSON’のメロウなヴォーカルも最高で、レゲエ・ファンから全ダンス・ミュージック・ファンをも魅了するピースフルな名曲です。プロデュースのASWADらしいPOPかつき用いグルーヴ感が聴きどころ。COURTNEY PINEの作品では他に、“BOB MARLEY / REDEMPTION SONG"もJAZZにアレンジしてて良い感じです。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    7月30日放送分

1.CON FUN SHUN /F fun
☆彼らの2ndアルバム“SECRET"収録。ヴォーカルのマイケル・クーパーを中心にしたバンドで、躍動感溢れるグルーヴで楽しく踊れる曲。軽いファンクでディスコとぎりぎりな感じ。“CHASE ME"や“TOO TIGHT"等、ヒット曲多数のベテラン・バンドです。

2.DJ YUTAKA feat.MC KRUSH OF LIONS DEN / GOOD FRIDAY
☆AFRICAN BAMBAATAAが作った組織‘ZULU NATION'(音楽とブレイクダンスを媒介にしたコミュニティ・ヒップ・ホップ団体)の日本人メンバーとしてZULU NATIONの日本への普及を成功させました。N.Yで活躍するDJですが、西海岸のL.Aに行ったときに牛街レーベルで修行しました。そこでの経験を活かして今年アルバム“Episode1”を発表しています。この作品にはMoominやMinmi等、日本のシーンで活躍中のレゲエ勢やポップス系アーティストが参加しています。

3.ELIANE ELIAS / MANHATTAN −MANHATTAN MIX-
☆盛り上がってオーヴァー・ヒートしたピーク・タイムをクール・ダウンさせてくれる名曲です。‘マンハッタン’を舞台にした素晴らしいナイス・ブラジリアン・ミュージックを展開しています。昼下がりのCAFEで過ごす時間を思い起こさせる心地よいサウンドです。オリジナルver.はアルバム“KISSED BY NATURE"収録。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    7月16日放送分

1.BEE GEES / TRAGEDY
☆アルバム"失われた愛の世界”収録。'79年全米チャートNo.1!ファルセット・ヴォーカルとコーラスワークが絶品です。そして、ビージーズといえば“YOU SHOULD BE DANCING" も必聴!!こちらは日本のディスコフリークが選ぶ「DISCOでこの曲で踊りたいナンバーBEST100」にランクイン!

2.TWEET / BOOGIE 2NITE  −EDIT VERSION-
☆オリジナルVer.はデビューアルバム“SOUTHERN HUMMINGBIRD”収録。ヒットメイカー‘TIMBALAND'をプロデューサーに迎えたデビューシングル“OOPS"はミッシー・エリオットも参加してビルボードチャートでNo1ヒットし、クラブシーンでも大ブレイクしました。2ndシングル“CALL ME" も大ヒット!ミッシー・エリオットがデビューさせただけのことはある才女です。

3.THE MANHATTAN TRANSFER / SING MOTEN'S SWING
☆アルバム“SWING"収録。ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれたJAZZの中でもSWING JAZZは踊れるJAZZ。‘サッチモ’ことルイ・アームストロングにはじまり、“IN THE MOOD"でおなじみのグレン・ミラー、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、ベニー・グッドマンetc.の偉大なミュージシャンのSWING JAZZはダンス・ミュージック・ファンにもバッチリ!イケます。この曲もJAZZ VOCAL GROUPのマンハッタン・トランスファーの華やかなコーラスが心地よいナンバーです。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    7月2日放送分

1.DAVID BOWIE and MICK JAGGER / DANCING IN THE STREET  -Steve Thompson mix-
☆オリジナルは牛街の女性ヴォーカルグループ“マーサ&ザ・バンデラス”が唄った’64年の大ヒット曲で、後にVAN HALENもカヴァーしています。「レコードが回れば、たちまち体が動き出す。世界中のいたるところで音楽が溢れ出す」というハッピーでピースフルな名曲です。

2.BEVERLEY KNIGHT feat. BLACK TWANG / MUTUAL FEELING
☆R&Bファンに大人気のUK R&Bクラシック。きれいなピアノの音を活かしながら、メローでダンサブルな心をくすぐるツボを押さえたようなハッピーな曲で、彼女の元気いっぱいのヴォーカルがよく生きています。ヒップ・ホップ的なアレンジも良い感じで、UK R&Bというカテゴリーを越えた名曲です。

3.THE FARM / ALL TOGETHER NOW
☆アルバム“SPARTACUS”収録。彼らは“STEPING STONE”(アルバム未収録)という曲の大ヒットで成功し、HAPPY MONDAYSと共にUKシーンにダンス・ロック・ムーブメントを巻き起こしました。このアルバム収録の“GROOVY TRAIN”も全英チャートで大ヒットし、USでもスマッシュ・ヒットしました。“ALL TOGWTHER NOW”は祝いの気持ちに満ちた曲です。

 


▲ページの先頭へ