毎週金曜日17:35頃からカモンEチャンネル内で放送中のK'sセレクション。
おなじみのDJ Kazzさんから毎週ON Airした曲のミニ解説をしてもらうことになりました。放送できいたあの曲、もっと知りたーい!と思ったあなたはぜひこちらもチェックしてくださいね。

こんにちは!DJ Kazzです。ダンスミュージックにもいろんなスタイルがありますが、ジャンル関係無しにピックアップした曲をかけていきます!
その中で自分にあったスタイルなど、新しい発見があったらいいなと思います。これからもどうぞよろしく!

   
DJ Kazz's Recommend

バックナンバー>>

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 12月2日 on Air

Power Play List
1.WANG CHUNG / EVERYBODY HAVE FUN TONIGHT
☆1984年猛威を奮う第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗ってアメリカのマーケットに上陸したUKのポップ・デュオ。そしてこの曲で全米ナショナル・チャートでもNo.1になった彼等の最大のヒットナンバー。リズミカルに跳ねるビートに男性ヴォーカルが唄う鮮やかな曲で、当時ダンス・フロアーは勿論、家庭でもMTVのプロモ・ビデオを通して皆踊りまくり過ぎて失神者が続出したと全米のニュースになるほど話題になりました。

2.BEYONCE / WHAT'S IT GONNA BE BOY
☆惜しまれつつも解散したモンスターR&Bガールズ・グループDESTINY'S CHILDですが、彼女はノリにノリまくっています。本業のシンガーの傍ら昨年パフューム界に進出し、トミー・ヒルフィガーから‘true star’を発表したのは記憶に新しいところ。そして今度はファッション界に進出するらしく2006年のN.Yコレクションではダナ・キャランやマイケル・コース、ラルフ・ローレン、アナ・スイ等と共にBEYONCEのブランドも見られるかも?らしいです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.M.C.HAMMER / HERE COMES THE HAMMER -12”Remix-

☆'90〜91年のダンス・シーンを沸かせたノリノリのバンギン・チューン!!パーティーのイケイケな勢いを持った良い意味で超ド派手な曲で、気合い入りまくりのタフ&ラフな高速グルーヴに賑やかなサンプリングが絡み、盛り上がりまくってダンス・フロアーは大変な事になっていました。当時をリアルタイムで通過したディスコ・フリークやクラバー(特にダンサーの方)なら知らない人はいないメガ・ヒットです。



DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月25日 on Air

Power Play List
1.CYNDI LAUPER /  THE GOONIES ‘R' GOOD ENOUGH −DANCE RE-MIX−
☆奇天烈&ぶっ飛びなアンユージュアル感覚で世界的に人気のダンス・ポップ・シンガー。かつての来日公演の際、平気で(?)歌詞を間違えてごまかしながら唄っていたのが懐かしいです。その気さくな人柄から特に女性に圧倒的な人気があります。現在とても素敵な魅力に溢れています。

2.DJ SPINNA feat.ANGELA JOHNSON / GLAD YOU'RE MINE
☆ヒップ・ホップ〜ハウス〜ジャズとクロスオーヴァーに活躍中のDJ SPINNAがCOOLY'S HOT BOXのリードシンガーANGELA JOHNSONをfeat.したN.YムードなR&B。ジャジーでアーバンな色彩感覚のベース・ラインに彼女のソウルネス溢れるメロウで温かな歌声が聴き心地良いです。美メロへの強い拘りを持つ人気DJのツボを押さえたシンプルながらも上品でハイ・センスなプロダクションだけに、ジャンルを越えてイケます。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.BRYAN ADAMS / HEAVEN -LIVE VERSION-

☆'80年代USロック&ポップシーンをリードしたカナダ出身のナイス・ガイの'85年全米チャートNo.1ヒット曲。白いTシャツにジーンズというルックス同様シンプルながらもしなやかな感性と熱いスピリットを持つシンガーで、この曲も凄く熱くエモーショナルなラブ・バラードでジーンとくる素敵なナンバー。沁みるね、ハートに!!!



DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月18日 on Air(今週は2曲です。)

Power Play List
1.CULTURE CLUB  / MISS ME BLIND 〜IT'S A MIRACLE〜MISS ME BLIND
☆ファッショナブルな容姿とポップな音楽性でミュージック・シーンを賑わせたダンス・バンドの絶頂期のヒット・ナンバー2曲のメドレーです。BOY GEORGEはCLUTURE CLUB解散後ソロ活動を経て、数年前はロンドンの巨大クラブ‘MINISTRY OF SOUND’でDJとして活躍していました。

2.DEAD OR ALIVE  / YOU SPIN ME ROUND(LIKE A RECORD) −MURDER MIX−
☆そのヴィジュアルとファッション性でBOY GEORGEのライヴァルと言われたPETE BURNS率いるDEAD OR ALIVEを一躍スターダムへ駆け上がらせたPWLサウンド全開の全英チャートNo.1ヒット・ナンバーで、エッジ効きまくりの激烈ダンス・ビートは当時ディスコ・シーンを震撼させました。昨年DANNII MINOGUE(KYLIE MINOGUEの妹)がこのヴァージョンをモロ使いして大ヒット曲を出してました。



DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月11日 on Air

Power Play List
1.AMERIE / LOVE'S OFF THE CHAIN
☆2005年US R&Bの顔となったR&BクイーンAMERIEのヒップ・ホップ・ソウル・ナンバーで、アップリフティングでファンキーなトラックにパワフル且つキュートなヴォーカルが乗ってアゲアゲな展開に、COOLに流れ込むヴィブラフォンの音がお洒落で気持ち良すぎなR&Bとジャズの融合型ダンス・チューンです。プロモの段階で全米700人以上のDJから絶賛され特大ヒットした“1Thing"のフォロー・アップで、AMERIE熱は依然沸騰中!!B系の女性からのプロップも絶大です。

2.THE GAME / GHOSTBUSTERS −MAIN MIX-
☆こちらはHIP HOPのメジャー・リーグにウエッサイから飛び出した大物ルーキーTHE GAMEのBRAND NEW!誰もが知ってるRAY PARKER JR.のあのNo.1ヒットをモロ使い。コンプトン出身の猛者ラッパーによるゴキゲンなパーティー・チューンで、意外な取り合わせが笑劇的で新鮮です。DJ PREMIERのMIX CDにも収録されています。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.WHITNEY HOUSTON  / HOW WILL I KNOW -DANCE Remix-

☆86年全米チャート2週連続No.1でグラミー賞受賞に繋がった大ヒット曲!ゴスペルシンガー出身の彼女らしい溌剌とした喜びが響いている歌声が素晴らしいアップ・テンポでラヴリーなブラック・コンテンポラリー。歌詞もキュートでとても甘茶な本当に良い曲です。明け方の踊り疲れたダンスフロアーを生き返らせるナンバーです。



DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 11月4日 on Air

Power Play List
1.CHANGE  / PARADISE
☆イタリア人スタジオ・ミュージシャン・ユニットによる洗練の極みと言えるお洒落なN.Yディスコ・スーパー・ヒット!透き通った心地良い美声で唄う女性ヴォーカルと美しいコーラス・ワークが最高な盛り上げ系のスムース・ダンサーでN.YのDJは決してはずすことのできない名曲です。CHANGEは“THE GLOW OF LOVE”や“MIRACLES”等センスの良いヒット曲を連発した80’sディスコの最重要バンドです。

2.MC TUNES VERSUS 808 STATE / THE ONLY RHYME THAT BITES −EXTENDED VERSION−
☆高速ビーツにラップが乗るUKマンチェスター産テクノ。映画通、特に西部劇ファンの方ならANT??と思ったかも。ブレイク部分で西部劇“大いなる西部”のテーマ曲をサンプリングした大ヒットナンバーです。息つく暇を与えないスピーディーなバレアリック・ハウス・チューンで、IBIZA島でのレイヴ・パーティーでも演っていました。'99年にN.YのDJ VICTOR CALDERONEがカヴァーしてハード・ハウス系のクラブで大ブレイクしました。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.MADONNA / MATERIAL GIRL −EXTENDED DANCE REMIX−

☆'84年の全米No.1ヒット!当時のMADONNAらしいキャンディ・ポップで、プロデュースはCHICのNILE ROGERS、リミックスは当時恋人だった売れっ子JOHN ‘JERRYBEAN'BENITEZとくればヒットしない訳がない色鮮やかなダンス・チューンでした。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 10月28日 on Air

Power Play List
1.DAVID BOWIE / BLUE JEAN -EXTENDED DANCE MIX- 
☆グラムロックで一世を風靡した異性人、そしてこの当時はダンス・ミュージックへとシフトしていた間借人の'84年の大ヒットナンバー。リミックスは当時大物アーティストのリミックスで引っ張りダコ状態だった人気リミキサーJHON‘JERRYBEAN'BENITEZによるもので、原曲に忠実ながらもN.Yクラブの匂いがする味付けをしています。

2.PAUL YOUNG / EVERYTIME YOU GO AWAY
☆'85年全米No.1ヒットの美スロー。DARYL HALL&JOHN OATESの曲のカヴァーで、朝方が似合う美しいソウルフルな名曲。このヒットをきっかけに本家のHALL&OATESのオリジナルの方もリヴァイヴァル・ヒットしました。歌の上手さは抜群だったPAUL YOUNGのソウル趣味全開のブルー・アイドな歌心が溢れた名バラードです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.WOMACK and WOMACK  / SECRET STAR -The House To House Remix-

☆CECIL&LINDA WOMACK夫妻の数あるヒット曲の中でも絶大な人気のハウス・クラシック!グルーヴ感を強調するビートにキャッチーながらもどこかノスタルジックなメロディー・ラインが美しい曲で、2人のデュエットによる優しい歌声が温かく包み込む、ソウルフルな質感を活かした最高の逸品です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 10月21日 on Air

Power Play List
1.QUINCY JONES feat.PATTI AUSTIN / RAZZAMATAZZ 
☆USブラック・ミュージック界のマエストロービッグQが彼の秘蔵っ子PATTI AUSTINをfeat.したディスコとは違う洗練された軽快な大人のファンキー・ジャズ名曲で、腰にまとわりついてくるようなヴォーカルとグルーヴは癖になります。ビッグQの音楽は時代の流れに左右されない独自の世界観と斬新なアイデアを詰め込んだ優麗な楽曲を作り上げ、その‘凄さ’は一聴瞭然!

2.THE ROOTS  / PROCEED U −RADIO EDIT−
☆フィラデルフィアのヒップ・ホップ・シーンをリードしてきた最重要グループTHE ROOTSがヴィブラフォンの鉄人ROY AYERSをfeat.して話題になった大ヒット曲。THE ROOTSのルーツ的なシンプルながら奥の深い曲で、ジャズ感は強いものの芯の太さはヒップ・ホップ・マナーを強調しています。ROY AYERSの温かなヴァイブが絶妙なアクセントになった生音ならではのグルーヴ感は最高!です。大人な夜にぴったりなアーバン・ジャジー・チューンです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.TOWER OF POWER / SQUIB CAKES

☆オークランドをベースにする大御所バンドのアルバム“BACK TO OAKLAND”収録のN.Yダンス・クラシック。ボディを直撃するリズム、ノリの良い吹きっぷりのブラス・セクションとギター等の生楽器がスウィングするタイトでソリッド名ベイ・エリア・サウンド炸裂のゴキゲンなオークランド・ジャズ・ファンクの名曲です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 10月14日 on Air

Power Play List
1.GRACE JONES / SLAVE TO THE RHYTHM -SINGLE VERSION-
☆ANDY WARHOL,KEITH HARINGとも交流があり、ダイ・ハードなダンサーやクラバーのカリスマでもあったN.Yクラブ界の伝説のクイーン。その鍛え上げられたボディ同様の強靭なサウンドにドス黒いヴォーカルが乗る大ヒット・ナンバー。(それもそのはずプロデュースはTREVOR HORNですから。)ソウルからレゲエ、ニュー・ウェイヴ果てはシャンソンまでジャンルの壁なんて軽く超越したグレートなシンガーでした。

2.DARYL HALL & JOHN OATES  / ONE ON ONE
☆フィリー・ソウルを根底に持つブルー・アイド・ソウルの代表的なデュオによるとろけるようなスロウ・ナンバー。古き良き時代のノスタルジーな雰囲気を感じさせるメロウな佇まいの美メロにシルキー・ヴォーカルが乗る優しい耳障りに思わず溜息が洩れるスウィート・ソウルです。サビでのコーラスワークも絶品で、実力が十分に発揮されています。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.HAPPY BIRTHDAY JAMES BROWN 50TH FROM FATBOY SLIM

☆「最高のソウル・ブラザー」、「ミスター・ダイナマイト」、「ファンクのオリジネイター」等、数々の愛称で親しまれるJ.B。1956年にデビューして以来休止することなく活動し続けるJ.Bにリスペクトを送るFATBOY SLIMことNOMAN COOKからの祝!50周年の讃歌です。腰にくる超強力メガ・ファンキー・チューンで、踊る魂のグルーヴィーな6分5秒にこころト・キ・メ・キます。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 10月7日 on Air

Power Play List
1.DWIGHT TWILLY / GIRLS
☆アコースティックで飾り気なく突っ走るストレートなアーバン・ロックン・ロールで、パンチが効いた豪快に躍動するギターがビシビシ響きます。何処か都会的でお洒落感があるメロディーに芯が太く弾力性のあるヴォーカルが絡みロールする感覚は、ロッ君・ロール・ファンの琴線に触れるナンバーです。

2.DAMIAN ‘Jr.GONG'MARLEY feat.METHODMAN & REDMAN  / LYRICAL.44  -DANCEHALL REMIX-
☆アーティスト名を見てピンときた方もいるはず、あの「レゲエの神様」BOB MARLEYの息子さん(かなりイケメン!)で、彼の直球のレゲエのDJにfeat.のゴールデン・コンビMETHODMAN & REDMAN(“HOW HIGH"のヒットでおなじみ)のアッパーでカッコ良すぎなラップがEggs Upなヴァイブを生み出すダンス・ホール・ナンバーです。勢いのある芯の太いしっかりとしたラガ・スタイルでハード・ドライヴォンなリズムにライド・オン!

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.WORKING WEEK  / INNER CITY BLUES −URBANE GUERRILLA MIX-

☆ミッド'80’sのUKジャズ・ソウルを代表する人気ナンバーでMARVIN GAYEの名曲カヴァーのムーディーな大人のR&Bです。単なるカヴァーに終わらず、自分達の色に染め変えたこのお洒落さ、スマートさはロンドンのソウル・バンドならではで、その独特のクールでアーバンな質感は今聞いてもスタイリッシュ。バンド解散後ヴォーカルのJULIET ROBERTSはソロに転向し、ハウス系ヴォーカリストとして“FREE LOVE”、“CAUGHT IN THE MIDDLE”(凄く良い曲!)という2大ヒットを放っています。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 9月29日 on Air

Power Play List
MJ&JJ MEGA MIX MEDLEY
☆MICHAEL & JANET JACKSON、問答無用の最強の兄妹のヒット曲のメドレー・リレー。全曲解った貴方は通!!


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 9月23日 on Air

Power Play List
1.SADE / THE SWEETEST TABOO
☆エキゾチックな顔立ちが魅力的なUKソウルを代表するシンガーSADE ADU。艶やかなメロディーに彼女の流れるようなまどろんだ歌声がフレッシュに響き、格調高い“良い香りがする”素敵な曲です。流行に流される事無く、何時の時代も聴く人の心を踊らせることができるジャジーなセクシー・ソウル名曲。

2.MARVIN GAYE  / I WANT YOU -Alternative Vocal Mix-
☆牛街を代表したソウル・シンガーMARVIN GAYEらしいむせかえる程にメロウな雰囲気を携えた名曲。ファンキーなギターを絡めたアーバン・スローで、彼の持ち味である“ソウル”が込もった繊細さとメロウネスを含めてしっとりと唄うその美声に酔ってください。70’sメロウ・グルーヴという言葉がぴったりな、このメロディアスな歌世界はヴェテラン・シンガーこそが為せるテクニックでした。沢山の笑顔の女性達が何時も彼を取り囲んでいました。(う、羨ましい!)

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.QUEEN LATIFAH / COME INTO MY HOUSE -Julian "Jumpin" Perez Mix-

☆オリジナルver.はアルバム“ALL HAIL THE QUEEN”収録。ヒップ・ホップの黎明期から活躍するプロデューサーDJ MARK THE 45 KINGが率いたフレイヴァー・ユニットに所属し18歳で「ヒップ・ホップ女王」の称号を手に入れたラッパーQUEEN LATIFAH。ハウスやヒップ・ホップ、ダンス・クラシックのスタイルから抽出したブリブリなベース・ラインに男勝りのラップでならした彼女のパワーとテクニックでキメまくる流石のナンバー。FOXY BROWNやLIL'KIM等現在活躍を見せる女性ラッパー達ですが、その草分け的存在だった彼女は正にQUEENでしょう。貫禄が違います。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 9月16日 on Air

Power Play List
1.PATTI LABELLE feat.CARLOS SANTANA / WHEN U SMILE
☆フィラデルフィア・ソウルの女王PATTI LABELLE、スーパー・ギタリストCARLOS SANTANA、名パーカッション・プレイヤーSHEILA E.というビッグ・ネーム3人が共演した話題のヴォーカル・ハウス・ヒット。優しくソフトな美メロにSANTANAの極上スウィートなギターが絡み、3人のヴォーカルのかけ合いがソウルを感じさせるナイス・ダンサー。このキャスティングで悪い訳がないって感じで、ダンス・フロアを華やかに彩ります。

2.ROBERTA FLACK  / COMPARED TO WHAT
☆「NINA SIMONE の再来」と言われるソウル・シンガーで、ジャズ・シーンにおいても絶大なプロップを受けている彼女の実力が発揮されているミリオン・セラー曲。ザラついた質感の重厚なウッド・ベースと繊細なピアノがジャジー名雰囲気を漂わせる空間にスモーキー・ヴォイスで唄いあげるアダルティーなソウル・ナンバー。リラックスして聴ける高級感を備えている名曲です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.KEV-E-KEV&AK-B / KEEP ON DOIN'

☆オールド・スクール・フレイヴァー丸出しのラッパーKEV-E-KEV&AK-Bの’89年の曲ながらオールド・スクール・マナーのパーティー・チューン。熱いド派手、上がりまくりの三拍子揃ったジャンプ・ナンバーの活きのよさに“KEEP ON DOIN'”のファンキーな掛け声も調子良く、そのカッコ良さに痺れて踊れるヒップ・ホップ・クラシックです。古き良き時代のブロック・パーティーの現場の楽しい雰囲気が伝わってくる、これはマイク5本モノの名曲です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 9月2日 on Air

Power Play List
1.ADEVA / RESPECT −7”Version-
☆N.Yハウスを代表する人気のディーヴァによる流麗なソウル・ハウスの名曲。OTIS REDDINGの名曲のカヴァーですが、完全に彼女の世界を作っています。そのソウルフルで滑らかな、時にパワフルなヴォーカルでヒット曲を量産。’95年リリースのFRANKIE KNUCKLESの2ndアルバム“WELCOME TO THE REAL WORLD”に大々的にfeat.されヴォーカルをとりました。

2.FISHBONE  / ?(MODERN INDUSTRY)
☆デビュー・ミニ・アルバム“FISHBONE”収録。パンクのエキスを飲み込んだドス黒いスカ・ビートが剥き出しのグルーヴを生み出し、その上をヴォーカルが暴れ回るヘヴィネスなダンス・ナンバー。歌詞はUSラジオ局のコールサインをメンバー6人各自がハイテンションでブッ飛びながら叫んでいます。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.A TRIBE CALLED QUEST / JAZZ (We've Got) −Azzurro Remix−

☆オリジナルver.は'91年にリリースされた傑作アルバム“THE LOW END THEORY”収録。このアルバムからは他にも“CHECK THE RHYME”、“SCENARIO”等のヒップ・ホップ・クラシックが誕生しています。知性派ヒップ・ホップ・グループでしたが、'98年の5thアルバム“THE LOVE MOVEMENT”を最後に解散しシーンにショックを与えました。このリミックスver.は日本のヒップ・ホップ・グループMellow YellowのメンバーAzzurroによるスモーキーさが増したリミックスです。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月26日 on Air

Power Play List
1.JERMAINE JACKSON / (CLOSEST THING TO) PERFECT -EXTENDED VERSION-
☆JHON TRAVOLTA主演映画“PERFECT"のテーマ曲です。ハウス・ミュージックがシカゴから来襲してくるまだ前のN.Yサウンドで、ロッキンでダイナミックなバウンズ・ビートに何時もは美しいヴォーカルを得意とするJERMAIN JACKSONのヴォーカルもカッコイイです。彼の作品では“I DREAM,I DREAM”と“ERUCU”という2曲が超N.Yダンス・クラシックとして人気です。

2.MINNIE RIPERTON  / Young,Willing and Able
☆アルバム“STAY IN LOVE”収録。5オクターブの声で唄い魅了したソウル・シンガー。アダルトなムード感たっぷりのスモーキーなベース・ラインが渦巻く真っ黒な空気が心地良いメロウ・ソウル秀作です。スウィートかつパワフルな緩急自在な彼女のヴォーカル・ワークには深い味わいが感じられ、聞く人によって更に艶が出てきます。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.KOOL&THE GANG / FUNKY STUFF −CLUB REMIX-

☆デビューから今年でキャリア36年(結成からはナント41年!)を誇る老舗バンドKOOL&THE GANG。バウンシーなビートが叩き込まれるアッパーなファンク・チューンにゴキゲンなラップを絡めソウル、ファンク、ヒップ・ホップを越境して聴く者をガッチリとロックするパーティー・ナンバーです。ヴァーサタイルなアプローチを聴かせる彼等の音楽魂は今もシーンで燦然と輝きを放ち続けています。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月19日 on Air

Power Play List
1.CHAKA KHAN / CLOUDS
☆ソウル・ディスコ・R&B、ハウスからジャズとダンス・ミュージックの要素をクロス・オーヴァーして活躍するシンガーCHAKA KHANのソロ第2弾アルバム“NAUGHTY”(邦題:じゃじゃ馬馴らし)収録。ASHFORD&SIMPSONの手による名作で、'80年代らしいしなやかなグルーヴ感を詰め込んだメロディーの上を力強く舞う彼女のヴォーカルが堪らないダンス・クラシックです。その人柄から多くのリスペクトとプロップを集めています。

2.OHIO PLAYERS  / SKIN TIGHT
☆アルバム“SKIN TIGHT”収録。1960年代前半に結成されたオハイオ出身の超大型ファンク・バンドのHOTなヒット・ナンバー。豪快なホーン・セクションが絡む骨太なグルーヴに流麗なピアノがKOOLにキメる、彼らが一番油がノッていた時代の一級品のファンクで、当時日本でも大ヒットしました。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.CHOCO THE NEW HARLEM SOUND / MY LITTLE DONKEY (Mi Burrito)

☆スペイン語で唄うキッズの声がとてもファニーでファンキーなヒップ・ホップ・クラシックです。ほのぼのとした可愛らしさに包まれたたまらなくキャッチーで泣く子も踊るハッピーな曲調が更に幸せ感をアップさせる大人気となるべくしてなったナンバーです。ダンス・ミュージック好きな人の心をくすぐる陽気さが100点の名曲です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月12日 on Air

Power Play List
1.PATRA / WORKER MAN
☆オリジナルVer.はアルバム“QUEEN OF THE PACK”収録。ラガ・ヒップ・ホップ・スタイルで人気だったレゲエ・クイーンPATRAのヒット曲で、このSALAAM REMIによるリミックスはジリジリと照りつける陽射しに汗が噴出してきそうな感じのHOTな盛り上げナンバー。PATRAはお得意のラガ・マフィンだけでなく歌も上手くて、“GRACE JONES/PULL UP TO THE BUMPER”をノリノリでカヴァーしたりもしています。

2.STARS ON / SHOCKING BEATLES 45MEDLEY U
☆THE BEATLESの曲をディスコ・ビートに乗せてカヴァーしメドレーにしたシリーズの第2弾!前作同様スムースな曲の流れが聴きどころ。また歌も演奏も本物そっくりにコピーしていてHAT OFFです。しかし流石にTHE BEATLESは良い曲が沢山あるなぁと改めて思います。このメドレーに使用されたのは彼等の数多くのヒット曲の中のほんの一握りなんですから。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.SONNY ROLLINS / ST.THOMAS

☆ジャケが渋くてお洒落な名盤“SAXOPHONE COLOSSUS”収録。モダン・ジャズの巨人の軽やかなテナー・サックスがカリプソのメロディーに載る珠玉の名曲。N.Y生まれのSONNY ROLLINSの洗練されたセンスが光るJAZZの魅力が詰まったこれからも輝きを失うことのない永遠に残る傑作です。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月5日 on Air

Power Play List
1.D.J.JAZZY JEFF&THE FRESH PRINCE / SUMMERTIME −D.J.JAZZY JEFF MIX−
☆ニュー・ミュージック・セミナーのDJバトルでチャンピオンになったD.J.JAZZY JEFFと人気俳優FRESH PRINCEことWILL SMITHとで結成されたヒップ・ホップ・チームを代表する曲で“KOOL&THE GANG / SUMMER MADNESS”をネタにしたグラミー賞受賞ナンバー。WILL SMITHのラップに絡む女性ヴォーカルが涼しげで爽やかさ満載のメロウ・グルーヴなセンスのよさが光るビッグ・サマー・チューン!

2.BOB MARLEY&THE WAILERS  / ONE LOVE / PEOPLE GET READY
☆キング・オブ・レゲエのカリスマBOB MARLEYの名アルバム“EXODUS”収録。レゲエ独特のゆったりとしたリズムの上でLOVE&PEACEのメッセージをエネルギッシュに語りかける至福の名曲です。この大らかなサウンドに耳を傾けて見ましょう。今年はBOB MARLEY生誕60周年の年です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.TUBE / シーズン・イン・ザ・サン −Special remixed seaside version−

☆日本の夏と言えばサザンとこのバンド。説明不要ですよね。リスナーの皆Summerも暑い熱い夏を楽しんでください。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月22日 on Air

Power Play List
1.MARY J.BLIGE / BEST OF MY LOVE
☆人気ファッションブランド‘GAP'のCMに使われたことで、R&Bファンからクラバー、ダンサーは勿論一般層の音楽ファンのハートをも掴む名曲のカヴァー。オリジナルは問答無用、説明不要のハッピーなダンス・クラシックですが、MARY J.BRIGEの力強いヴォーカルは現在でも根強い人気です。

2.LEENA JAMES / MUSIC
☆デビュー・アルバム“A CHANGE IS GONNA COME”収録。女性シンガーを中心にR&Bシーンが盛り上がりまくっている中、2005年要注目のソウル・シンガーとして熱視線を送られているニュー・カマー。ソウルと言うよりもブルースを感じさせるディープなヴォーカルは聴き応えがあります。しびれます。N.Yタイムス誌に「TINA TURNERを彷彿とさせる逸材」という高い評価の記事が載ったほどの実力派シンガーです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.JOAQUIN ‘JOE' CLAUSSELL / MAFUNGO

☆サックスや古ーと等の生音をパーカッシブなハウス・ビートに乗せる作風で楽曲に熱気と躍動感を注入するN.Yの人気プロデューサー、DJであるJOE CLAUSSELLの渾身の一曲。ジャジーで小粋な美しさをまとったサックスが快適なサウンド・シャワーになった清涼感たっぷりの今夏超話題のダンス・ナンバー。音楽を聴きながら心地よい時間を過ごしたくなります。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月15日 on Air

Power Play List
1.TRUCE / CELEBRATION -H R Funk Radio Mix-
☆オリジナルはアルバム“Nothin But The Truce”収録。UKソウル・シーンのガールズ・グループで、曲のよさとヴォーカルの上手さでしっかりソウルしています。オーソドックスなスタイルですが、ハズシの無い彼女達の良い曲です。他にも“Truce U Finest”って言う曲もメジャーヒットしています。MISS JONESとかが好きな方にはオススメ!です。

2.mari wilson / LaLa Peace Song
☆アルバム“the rhythm romance”収録。ロンドン出身の元ミス・ビーハイヴ(50年代の‘ビーハイヴ・スタイル’と言うクラシカルなヘア・スタイルでデビューし、話題を集めました。)mari wilsonによるJHONNY BRISTOLのR&Bクラシックのカヴァーですが、ラテン・フレイヴァーを取り入れてお洒落で軽やかな自分の世界を作り上げています。曲の内容は平和への祈りを込めたスピリチュアルでエモーショナルな一曲です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.LARRY GRAHAM AND GRAHAM CENTRAL STATION / POW

☆アルバム“MY RADIO SURE SOUND GOOD TO ME”(邦題は“いかしたファンキー・ラジオ”)収録。色んな音楽のテイストをブレンドしながら突き抜ける疾走感を持ったグルーヴを'78年に生み出していたとは凄いです。ファンキーで躍動感あるベースが最高!1974年度キャッシュボックス誌最優秀R&B/ヴォーカルグループ賞受賞した6人組の実力派のバンドでした。


DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月8日 on Air

Power Play List
1.AVRAGE WHITE BAND / PICK UP THE PIECES
☆キャッチーでアッパーなメロディーにゴージャスなブラスセッションが華を添え飛ばしまくります。いかにも'70年代らしい粋な生演奏でジャズ〜ディスコ〜ソウル・シーンでクロス・オーヴァー・ヒットした色あせないダンス・クラシック人気曲で、後にCANDY DULFERがカヴァーしています。納得!!ダンクラファン御用達の極上インスト・ファンクです。

2.STARS ON / SHOCKING BEATLES 45
☆オランダのミュージシャンによるTHE BEATLESのヒット曲をディスコ・ビートに乗せてカヴァーしメドレーにした全米・全英ダンス・チャートNo.1ヒットです。日本でも当時ディスコは勿論ラジオや有線でもパワー・プレイされていました。オープニングの2曲は違いますが、その後は続々と彼等のナンバーが流れてきます。皆さんは何曲ご存知でしたか?因みにPART2もアリ!

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.MICK JACKSON / WEEKEND

☆「週末はディスコに遊びに行こうよ!新しい友達つくろうよ!」っていうワクワクするような歌詞が明るくソフトなフィーリングのメロディに乗る楽しげなハッピー・ディスコです。「月曜から金曜までがんばってきたんだから土曜の夜はエキサイティングに・・・」っていう健康的な内容もGOODで、あのSYLVESTERの流石のプロデュースで今でもイケます。よくカヴァーもされているN.Yダンス・クラシックです。


▲ページの先頭へ