毎週土曜日17:30頃からカモンEチャンネル内で放送中のK'sセレクション。
おなじみのDJ Kazzさんから毎週ON Airした曲のミニ解説をしてもらうことになりました。放送できいたあの曲、もっと知りたーい!と思ったあなたはぜひこちらもチェックしてくださいね。

こんにちは!DJ Kazzです。ダンスミュージックにもいろんなスタイルがありますが、ジャンル関係無しにピックアップした曲をかけていきます!
その中で自分にあったスタイルなど、新しい発見があったらいいなと思います。これからもどうぞよろしく!

   
DJ Kazz's Recommend

バックナンバー>>


K'zセレクションは土曜日17:30からの放送!

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT12月23日on Air
CHRISTMAS SESSION Power Play List・・・
DJ KAZZ、ディレクターアノー、米倉奈津子3人のクリスマスに聴きたいオススメ曲をセレクトしました!
1.THE SINGERS UNLIMITED / HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS  
(ディレクターアノー)

☆コーラスグループが大好きな私、こんな曲が歌えたらなぁ。

2.MADONNA / SANTA BABY  (DJ KAZZ SELECT)

☆EARTHA KITT等色々なシンガーに唄われているクリスマス・ソングで、これは'80年代のMADONNAらしくかなりMARILYN MONROEを意識しているようなポップでキュートに唄っています。

3.TOKU / KISS OF LIFE  (米倉奈津子 選曲)
☆今年初めてLIVEで聴いてどっぷりハマってしまいました〜♪フリューゲルホーンの奏者であり、ジャズシンガーでもあるTOKUの5TH ALBUM TOKU / TOKUからの一曲。歌声はもちろんですが、曲中のヴィヴラフォンがステキ(*^_^*)と思っていたら、以前KAZZさんが聴かせてくれたロイ・エアーズさんの演奏でビックリしました!とってもSWEETな気分になります。

4.SOPHIE MILMAN /  THIS TIME OF THE YEAR  (ディレクターアノー)
☆今年イチオシの女性シンガーです。LIVEで下関にも来てくれないかな〜?

5.JAMES BROWN  / SANTA CLAUS GOES STRAIGHT TO THE GHETTO! (米倉奈津子 選曲)
☆JBもサンタさんを待っているような子供だったのかな〜?あんまり想像できませんが・・・。GHETTOにやってくるサンタさんって思いっきりノリが良さそうですよね!こんなクリスマスソングもいいのでは?

6.WHITNEY HOUSTON / DO YOU HEAR WHAT I HEAR? (DJ KAZZ SELECT)
☆胸を打つようなメロディーと平和へのメッセージを込めた歌詞、それを唄い上げるWHITNEYの美声を聴いているとグッとくるものがあります。またGLADYS KNIGHTも素晴らしい歌声でこの曲を唄っています。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT12月16日on Air
Power Play List
1.DAVID MORALES WITH TAMRA KEENAN / HERE I AM
☆N.Yいや世界でもトップ・クラスの人気を誇るリミキサー、プロデューサーでありDJでもあるハウス界の重鎮DAVID MORALESのビッグ・ヒット曲。彼の持ち味であるタフなビート&美しいメロディー・メイクというメジャー感のある展開は大都会の喧騒によく似合っています。現在絶賛上映中の映画“THE DEVIL WEARS PRADA プラダを着た悪魔”の中でも印象深く使用されています。

2.SHAKATAK / NIGHT BIRDS

☆UKフュージョンのトップグループのワールド・ワイド・ビッグ・ヒット。弾むようなクリスタルなピアノから始まるイントロが印象的で、女性コーラスが美しいイージー・リスニング的なお洒落感漂うエレガントな大人のサウンドです。タイトル通り夜が似合う洗練されたアーヴァンな人気曲で、今でもその輝きを放っています。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.NATASHA THOMAS / SKIN DEEP -R&B REMIX−

☆BRAND NEW!優れた才能と美貌に恵まれたデンマーク出身のブライト・ホープによるEU産R&B。アコースティック・ギターをメインにした切ないメロディー・ラインが包み込むトラックに。心揺さぶるような麗しい美声で唄う彼女のヴォーカルがずっしりと胸を打つ極上の美曲ナンバーです。現在彼女はフランス発のファッション・ブランド“LACOSTE”(世界で初めてポロ・シャツを作り発売したことで有名)のイメージ・モデルになっていて、こちらでも注目されています。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT12月9日on Air
Power Play List
1.LISA FISCHER / SAVE ME
☆現在進行形で長年THE ROLLING STONESのツアーに同行しているLISA FISCHER。あのスーパーバンドのバック・ヴォーカルを務めているだけあってその実力は言うまでもありません。('91年にはグラミー賞も受賞しています。)“GIMME SHELTER”でのMICK JAGGERとのかけ合いはグー!!!です。そしてこのアップリフティングなソロ・ナンバーでもストロング・スタイルな綺麗なヴォーカル、コーラス共に絶品の <声> が聴けます。

2.RANKIN TAXI feat.CHIEKO BEAUTY with LITTLE TEMPO / 夢で逢えたら

☆ジャパニーズ・クラブ・シーンでの東京レゲエのNo.1DJ RANKIN TAXIの現場で話題になっているワンラヴ・チューン。日本でレゲエのリズムに乗って日本語でDJをするというスタイルを確立したパイオニアの1人で、この曲ではCHIEKO BEAUTYのスウィートなヴォーカルとダブ・バンドLITTLE TEMPOの軽快なスティール・パンをfeat.し、RANKINさんお得意のコミカルさを絡めたラヴァーズ・ナンバーです。One Love Album“Let's Go Rockeres”収録。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.FEARLESS FOUR / JUST ROCK

☆GARY NUMANが作り出したエレクトリック・ニュー・ウェイヴをベースにしたエレクトロ・ファンク・ナンバー。重いビートとチープなシンセサイザー・サウンドに賑やかでフレッシュなマイク・パフォーマンスが絡む展開は、この前年にAFRIKA BAMBAATAAがKRAFT WERKをサンプってメイクした“PLANET ROCK”を継承していて、ヒップ・ホップとエレ・ポップ、テクノ、ニューウェイヴのボーダー・ライン的な曲です。リミックスはN.Yの伝説のDJ LARRY LEVANによるもので、かなり調子良いフロア映えする曲に仕上げています。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT 2006年12月2日on Air
Power Play List
1.TAMIA / THE WAY I LOVE YOU
☆NEWアルバム“THE BETWEEN FRIEDS”収録。BIG Qの秘蔵っ子ディーヴァTAMIAの強力ナンバー。RODENY JENKINSの手によるメロウなメロディーのバラード系アップ・ダンサーで、和みモードでしっとりと唄い上げる艶っぽい澄んだ美声がよく活かされたドラマチックなラヴ・ソングです。

2.RAMSY LEWIS / ROMANCE ME

☆軽やかにテンポのあるメロディアスなピアノとギターのお洒落なジャズ・サウンドをスタイリッシュに溶かし込んだN.Yダンスクラシック。ストリングスも気持ちよく響き、スムースな聴き心地はムーディーでリラクシンです。タイトル通りロマンチックな夜にピッタリです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.AFRIKA BAMBAATAA ZULU NATION COSMIC FORCE / ZULU NATION THROW DOWN 

☆HARLEM UNDERGROUND BANDによる真っ黒い演奏をバックにラッピンするオールド・スクール・クラシック。ドでかいラジカセ肩に担いでストリートで聴きたくなるラップの出始め'79年当時のリアルが感じられる曲です。オールド・スクール・パイオニアだけが持ちうる本物の純粋にパーティーを楽しむというアティテュードを聴いて下さい。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT11月25日on Air
Power Play List
1.JACKIE WILSON / (YOU LOVE KEEPS LIFTIN' ME)HIGHER AND HIGHER
☆'50年代前半からソウル・シーンを牽引してきたパイオニア的シンガーの'67年全米R&BチャートNo.1ヒット・ナンバー。フィリー的流麗さを持った明るいメロディーと心地良く耳と腰を刺激するリズムに力強く朗らかなヴォーカルが乗る多幸感に溢れた作品で、女性コーラス隊も盛り上げ度120%。スムースでクリーンな温かさがあり、清々しい後味を残してくれる美味曲です。

2.MONTEFIORI COCKTAIL / GYPSY WOMAN

☆ハウス界のディーヴァCRYSTAL WATERSの'91年の特大ヒット(ハウスとしては全米ナショナル・チャートでNo.1になった最初の曲)した“GYPSY WOMAN(She's Homeless)”をセンス良くジャズ・ボッサ・アレンジでカヴァーしたお洒落さん御用達のナンバー。尺八やサックスをfeat.したクラブ・ジャズ系サウンドで、ハウス〜フリー・ソウル・シーンまでクロス・オーヴァーでヒットし、N.Yでも大ブレイクしたエレガントなラウンジ・ミュージックです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.NELLY & THE ST.LUNATICS / TONIGHT

☆BRIAN McKNIGHT名義でR&Bファンに大人気の“GROOVIN’TONIGHT”のこちらはセントルイス出身の人気スターNELLYとそのクルーST.LUNATICS名義によるヒップ・ホップ・クラシックで、それも歌詞を変え新しくリメイクされた超強力ver.!!(曲名も“TONIGHT”に変わっています。)バウンシーなビート+キャッチー且つハッピーなメロディーに賑やかなラップが更にアゲアゲ度UPした悶絶ピーク・タイム・チューン。フックがやっぱり爽やかさ満点で人気最高の気もち良い系ヒップ・ホップです。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT11月18日on Air
Power Play List
1.SHARON JONES and the DAP −KINGS / GOT TO BE THE WAY IT IS
☆ソウル・ファンク・シスターSHALON JONESのファンキーとしか言いようが無いナンバー。モロにJ.Bライクなビートを刻むドラム、リズミカルなギター・カッティング、そして超強力なダイナマイト・ヴォーカルと吹き鳴らされるホーン・セクションの雄叫びがとても熱い、全てが申し分無しの真っ黒ファンクが楽しめます。

2.JANE BIRKIN / LA GRIPPE duet with ETIENNE DAHO

☆フランスを代表する女性シンガーJANE BIRKINのナンカ映画のワンシーンのようなデュエット・ナンバー。お洒落なメロディーに乗ってこんな辛口の会話を楽しむのが<大人の男>と<艶女>のフランス流の粋なのでしょうか?ムーディーな歌に彩られた一つの愛情表現のカタチといった曲です。JANE BIRKINといえば、あのフランスの高級ブランドHERMESが彼女の為に作ったBAGはあまりにも有名。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.FELA and AFRIKA70 / ZOMBIE

☆ナイジェリア出身のアフロ・ミュージックのプレジデントであり、MILES DAVISやJ.Bと並び称されるブラック・ミュージックの巨人FELA KUTIによるアフリカ&N.Yダンス・クラシック・ナンバー。アフロ・ビートの中にファンクやジャズを飲み込み、ひたすら疾走し肉薄する曲からは、ナイジェリアの首都ラゴスの興奮と熱気が伝わってくるようです。踊りまくって是非良い汗をかいて下さい。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT11月11日on Air
Power Play List
1.MALCOLM MCLAREN / OPERAA HOUSE
☆ロンドンでパンク・ムーヴメントを起こし、N.YからUKにヒップ・ホップを持ち込んで流行らせ、後にはヴォーギング・ブームをも仕掛けたUKの鬼才MALCOLM MCLAREN。この曲もハウス・ビートをベースにラップを絡めたり、オペラへのアプローチを展開する等、彼等らしい楽曲の斬新さとアヴァンギャルドぶり全開のプロダクションです。また枯葉VIVIENNE WESTWOODの元旦那さんで、今でもファッションの世界に身を置いています。

2.AMERIE / TAKE CONTROL  -MAIN VERSION−

☆こちらはDIANA KRALLのご主人KING ELVISのポップン・ロール・ナンバー。ある意味“BILLY JOEL/MY LIFE”に通じるところがある曲かも知れません。“MY LIFE”は公園の周りをジョギングしてるイメージで、こちらはウォーキングしているような感じ。人各々のイメージの捉え方は様々ですが、どちらにしても晴天の日がよく似合うとても健康的な曲だと思います。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.MARIANNE FAITHFULL / WHY D'YA DO IT

☆MICK JAGGERの元恋人として有名なMARIANNE FAITHFULLのハマり系ニューウェイブ・ディスコで、カルトな人気のN.Yアンダー・グラウンド・ダンス・クラシック。ロックとニューウェイブをミクスチュアーしたサウンドにデカダンスなヴォーカルのキレっぷりがベスト・マッチ。N.Yではこの曲で踊るのか?メルティング・ポットN.Yは音楽的にも守備範囲が広いです。また彼女はキュートなルックスを活かしてALAIN DELONと映画で共演していたとか。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT11月4日on Air
Power Play List
1.A TRIBE CALLED QUEST / BONITA APPLEBUM -ALUBUM VERSION-
☆NATIVE TONGUES一派として'90年にデビューし、ヒップ・ホップの歴史にあまりにも偉大な足跡を残したグループA.T.C.Qの代表曲。ジャジー且つソウル・スピリット溢れるヒップ・ホップをクリエイトする彼等らしい上品なベース・ラインに美しいピアノの音が心地良く、またシタールがエキゾチックでスモーキンな空間を演出し、不快空気感に色を添えています。コフィスティケイションされたセンスの良いネタのチョイスという、彼等の一貫した美学が感じられます。

2.AMERIE / TAKE CONTROL  -MAIN VERSION−

☆BRAND NEW!2005年“1Thing”のスーパー・ヒットで一躍R&B〜ヒップ・ホップ・ソウル・クイーンズに仲間入りしたAMERIEの2007年3月発売予定のニュー・アルバムからの1stカットです。ファンクネス溢れるギターと渋いホーンのフレーズが耳に残って癖になる曲で、彼女のパワフル且つ魅惑的なヴォーカルにグイグイ惹きつけられます。来年はまた彼女の年になるでしょう。R&Bファン、AMERIEファンはこの曲要チェキ!!しておいて下さいネ。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.CHANGE / HOLD TIGHT

イタリアのプロデューサーがイタリアのスタジオ・ミュージシャンを集めて結成した'80年代N.Yディスコの最重要バンド。街の風景が眩しいオレンジ色から仄かなピンク色へと変わり、黄昏からやがて夜の帳が降りてくるアフター・アワーズな時間帯にぴったりな、エレガントでアーバンなミディアム・ダンサーでとても素敵な曲です。N.Yの空気を吸ったCHANGEはこの街が持つ独特のサウンドをも吸収したようです。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT10月28日on Air
Power Play List
1.Cafe Soul All Stars feat.Maysa / I'm Chaging
☆BRAND NEW!ブラックミュージック界の大御所達が参加した豪華なアルバム“LOVE PAGES”からのヒットで、INCOGNITOのヴォーカルだったMAYSAをメインに据えた大人のナンバー。ジャズとR&Bをスムースにクロス・オーヴァーし、ロー・ビートのグルーヴが何とも雰囲気のある空気感を漂わせ、実力派らしい歌声とコーラスが酔わせます。ジワリ、ジワリと染み込んでくる、極上のナイト・ミュージックを紡ぐ作風は流石の一言!

2.JERMAINE JACKSON / ERUCU

☆アルバム“MOTOWN INSTRUMENTALS”収録のN.Yダンス・クラシック。ジャズ・ファンクの匂いを色濃く発するナンバーで、身体の隅々まで響き渡る音の太いベースがうねりまくる、パーカッシヴでグルーヴィーなインスト・ディスコとして昔から堅い人気を誇っています。デトロイトが育んだ漆黒のファンクネスが堪能できます。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.FRANKIE KNUCKLES / ONLY THE STRONG SURVIVE  −CLUB MIX-

☆ハウス・ミュージックの祖FRANKIE KNUCKLESの初期を代表する曲でハウス・クラシック。BILLY PAULのフィラデルフィア・ソウルの名曲をハウス界のSTEVIE WONDERと呼ばれているRICKY DILLARDをヴォーカルにフィチャってリメイクした作品でFRANKIEらしいエレガントなミックス・ワークがイケてます。ハウスはやっぱりソウルなんだなと感じることができる曲です。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT10月21日on Air
Power Play List
1.CHYNA WHYNE feat.ELEPHANT MAN / SEXY BAAL -ED
☆BRAND NEW!現在UKで大注目されているスキン・ヘッドの女性R&Bシンガーがダンス・ホールの“エナジー・ゴッド”をfeat.した話題のナンバー。風貌を含め超強烈なキャラクター同士がガッチリとタッグを組んだ曲だけに、美しく尖ったCHYNA WHYNEのリードに呼応して煽りに煽って盛り上げるELEPHANT MANの勢いとキレが交錯する、正に息つく間もない展開にテンションが沸騰します。でも実は彼女、サングラスを外すとすごく優しい目をしているんですよ。

2.THE FAMILY / SUSANNAH'S PAJAMAS

☆MORRIS DAYや、あのスーパー・プロデュース・チームJAM&LEWISが在籍していたTHE TIME解散後、元メンバーによって新たに作られたバンドがTHE FAMILY。THE TIMEが元々PRINCEの別プロジェクト的なバンドであったこともあり、このTHE FAMILYもファンキーなサックスで伝える高揚感、ゆったりとしたテンポでグルーヴを練り上げるベースや独特の勢いを持つビートでインストながらもグイグイと引きずり込んでいくところ等、常に一筋縄ではいかないサウンド/センスで魅了しています。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.UNITED FUTURE ORGANIZATION / LISTEN LOVE

☆日本のジャズ・クラブ・シーンをリードするU.F.O.によるJON LUCIENのブラジリアン・クラシックのカヴァーで、ヨーロッパやN.YのDJもヘヴィ・ローテーションでプレイし国内外で注目を集めた作品。かなりピッチが早いブラジリアンなリズムに乗った柔らかなヴォーカルに絡む日本を代表するJAZZピアニスト山下洋輔さんの演奏がカッコ良過ぎです。ハウス系〜ジャズ系、ブラジル音楽ファンの方等、幅広くオススメします。U.F.O.の5thアルバム“V”収録。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT10月14日on Air
Power Play List
1.JOE ZAWINUL / BIMOYA
☆N.YのクラブやFMラジオでも大ヒットした、ベテランキーボード奏者JOE ZAWINULによる雄大なスケール感を湛えたフロア・ジャズナンバー。ヴォーカルは西アフリカ・マリ出身のワールド・ミュージック界の巨人SALIF KEITAで、込み上げメロディーの局地と言えるサビでの彼の大地を切り裂くかのような力強い歌声が素晴らしい熱すぎる魂の一曲。

2.GONTA PROJECT / CONFIANZAS

☆フランスのタンゴユニットによる繊細で洗練された雰囲気のジャジーなナンバーで、女性のポエトリー・リーディングが際立ったメロウ・フレンチ・ハウス秀作。哀愁を漂わせる美メロのアコーディオンと跳ねるグルーヴィーなリズムが印象的なフランスらしいスタイリッシュでクオリティの高い仕上がりです。ハウス〜ジャズ、フュージョン系にジャンルを越えてオススメ!アルバム“LA REVANCHA DEL TANGO”収録。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.LISA ONO / STAY ALL NIGHT

☆天性のセンスと磨き抜かれた表現力を兼ね備えたボサノヴァの女王小野リサさんのスウィング・ジャズナンバー。いまやカフェやクラブシーンでは欠かせない音楽になったボサノヴァですが、クラリネットやピアノが軽快にスウィングするメロディーとリズムに肩の力が抜けた透明感溢れるヴォーカルが見事にマッチした心地良い曲です。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT10月7日on Air
Power Play List
1.SOFT CELL / TAINTED LOVE
☆MARC ALMONDとDAVE BALLからなるエレクトロ・ポップ・デュオによる'81年全英チャート年間No.1になったニュー・ウェイヴ・ディスコ・スーパー・ヒット!ニュー・ウェイブとダンス・ミュージックを融合した曲で、セクシーな怪しさとUK特有の耽美主義が混在した大人気曲。RIHANNAの大ヒット曲“S.O.S”ネタで最近また再評価著しいですが、実はN.Yではハウス系クラブでずっとプレイされ続けられているエレ・ポップ・クラシックです。

2.THE FUTURE SOUND OF LONDON / PAPUA NEW GUINEA  -12”ORIGINAL−

☆テクノ・ハウスと民俗音楽をミクスチュアーした異色のサウンドでUKでセンセーションを巻き起こしたヒット・チューン。感性と知性がシンクロナイズするインテリジェント・テクノで、レーザー光線が飛び交う真っ暗な空間に流れる美しい音が夢幻の世界へと誘うパラダイス系ダンス・ミュージックです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.ANNIE LENNOX / WHY

☆クール・ビューティーANNIE LENNOXのマスター・ピース。美しいピアノの旋律に温もりのあるヴォーカルがマッチした心地良い曲で、ジャンル関係なく音楽ファンを魅了したサビの透明感と浮遊感を合わせ持つ淡いメロディーは最高で、一度聴いたら忘れられないくらい素晴らしいです。LIVEで聴きたい曲です。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT9月30日on Air
Power Play List 
DJ Kazz MIX SHOWCASE
1.CE CE ROGERS / NO LOVE LOST -MOREL'S CLUB MIX-

2.GRACE JONES / SLAVE TO THE RHYTHM -OLLIE D GYRO DISNEY DUB-


3.ZHANE / HEY MR.D.J -MAURICE JOSHUA'S HOUSE MIX-


4.DAVID MORALES & THE BAD YARD CLUB / THE PROGRAM -RAGGA HOUSE MIX-

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT9月23日on Air
Power Play List
1.AMII STEWART / LIGHT MY FIRE
☆DOORSの名曲、‘ハートに火をつけて’のディスコ・カヴァーの大ヒット・ナンバー。ファッション・モデル出身だけにルックス良し、プロポーション良しで当然曲のアレンジもファッショナブルで、ハンド・クラップを絡め煌びやかなディスコ・フレイヴァー満点のサウンドに仕上げられています。ヴォーカルもソウル寄りで明るく爽やかに踊れる曲です。

2.TODAY / LET ME KNOW

☆牛街レーベルで活躍した男性コーラス・グループの'80年代後期〜'90年代初頭という時代を象徴するようなニュー・ジェネレーションの音楽ニュー・ジャック・スウィングのマナーに則った明るいナンバー。ミックスはN.Yブラック・ダンス・ミュージックのマエストロTIMMY REGISFORDで、当時の彼らしいアップ・リフティングなハネ系ビートを使い、“CALLOWAY / I WANNA BE RICH”を思わせる気持ちよく踊れるツボを押さえたつくりで聴かせます。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.TWO TONS OF FUN / I GOT A FEELING -PATRICK COWLEY MIX-

☆ストロング・ヴォーカル・スタイルのDIVA2人組によるN.Yディスコに接近したエレクトロ・ディスコの大ヒットナンバー。圧倒的声量とダビーな音質でグイグイ引っ張る前半もグー!ですが、後半に怒濤の猛ラッシュをかけるイっちゃってるハイ・エナジーなシンセが別世界へとワープさせる、鬼才PATRICK COWLEYのリミックスは圧巻。そしてPATRICKが手懸ける傑作リミックスは“DONNA SUMMER / I FEEL LOVE”で、オリジナルver.とは全く違うリミックスはかなり危険!

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT9月16日on Air
Power Play List
1.VERNON BURCH / GET UP
☆13歳で既にギタリスト/シンガーとしてプロ活動を始め、大物アーティストと共演したというキャリアに裏打ちされるようなVERNON BURCHの'79年のスーパーヒット。重た過ぎる超重量級ベース・ライン&リズム、パーティー好きのツボをバッチリ押さえているフック、のけぞる程にド・ファンキーなホーンが強力で誰もが首を振る、耳でなく身体で聴く灼熱ディープ・ファンクです。中盤のブレイク部分が“DEEE-LITE/GROOVE IS IN THE HEART"でサンプリングされました。

2.SISTER SLEDGE / HE'S THE GREATEST DANCER

☆CHICのアノ2人がプロデュースしているだけに悪い訳がなく、'78年全米ディスコ・チャートNo.1に輝きプラチナ・ディスクを獲得した彼女達の代表作。ミディアム・グルーヴながらゴージャスな雰囲気を纏った曲で、2000年に“TONY TOUCH feat.TOTAL / I WONDER WHY?”でネタにされた事で再び注目を集めたダンス・クラシック名曲です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.BELL BIV DEVOE / POISON -EXTENDED CLUB VERSOIN-

☆COME ON!FMのお昼の大人気番組だったD.D.Cのリスナーの皆さんなら誰もが知っているこのイントロ・・・NEW EDITIONのメンバーRICKY BELL,MICHAEL BIVINS,RONNIE DEVOEの3人が結成したグループによる'90年のビッグ・ヒット!!ヒップ・ホップとR&Bの融合を試みたニュージャック・スウィングで、とにかく流行りました。扇情的にハネまくるビートがたまりません。ブラック・クラウド大喜びで踊りまくる曲で、ダンサーの腕の(踊りのテクの)見せ所的ナンバーで、SOUL TRAINでもかかっていました。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    DANCIN'SATURDAY NIGHT 2006年9月9日on Air
Power Play List
1.TROUBLE / PUMP ME UP
☆ワシントンD.C.といえばGO-GO、そしてGO-GOの代名詞といえるグループTROUBLE FUNK のクラシックでコスリの定番曲です。ファンクから都会的な粋や洗練された感覚を取り除き、骨太なうねりを加えた音楽がGO-GOで、あまりレコードを重視せずライブ・パフォーマンスこそが命と言われているだけに、この曲もレコードの中に詰め込んだライブ感溢れる煽り声に思わずアゲられてしまいます。

2.KEYSHIA COLE / LOVE -OLD NICK ver.-

☆NYCで行なわれたパーティーでの白いタンクトップ姿が眩しかったKEYSHIA COLEが唱うラヴ・ソング。極甘な流れのムーディーでメロウなスロー・バラードのオリジナルをダンサブルにリミックスしたver.で、清涼感満点の心地良いダンス・ビートに呼応するかのように唱い上げる声の魅力がジワジワと耳を奪うハッピーR&B。この素晴らしいリミックス・プロダクションを手懸けたOLD NICKことDJ HASEBE氏にリスペクト!

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.JIMMY CLIFF / TREAT THE YOUTHS RIGHT

☆40年以上もレゲエ・シーンで活躍するシンガーで、'80年代に入ってディスコ・ミュージック華やかし頃に彼がポップなアプローチへと傾倒していた当時放った大ヒットナンバー。リミックス・ワークはN.Yダンス・ミュージックの「生ける伝説」と言われるDJ FRANCOIS KEVORKIANによるもので、彼らしい空間的な音処理が冴え渡り、陽気なレゲエ・サウンドにN.Yのテイストを上手くディスコ・ブレンディングしています。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 9月2日 on Air
Power Play List
1.SOULUSOUL / GET A LIFE
☆レゲエとレア・グルーヴを融合させ、その中にソウルやファンク、ジャズ、ヒップホップ、ハウスといった音楽の要素をミックスした新感覚のダンス・ミュージックGROUND BEATの創始者JAZZIE B率いるSOULUSOULのヒット・ナンバー。ソリッドでタメの効いたグルーヴに美しいピアノのラインやフルート、また子供の声のコーラスが絡む展開も面白いJAZZIE B節全開の一曲で、彼等の曲の中ではモア・エスニック風味。N.YのトップDJがカッコ良くプレイしていました。


2.SUENO LATINO / SUENO LATINO -THE LATIN DREAM EDIT-

☆UKの“808STATE/PACIFIC”と共に元祖アンビエント・ハウスの傑作であるイタリア産のこの曲は、ドイツのロック・バンド ASH RA TEMPELで活躍していた MANUEL GOTTSCHINGの名作“ E2-E4”を元ネタにしたスーパーヒット曲で、イタロ・ハウスの大ブームを巻き起こしました。ニュー・エイジ的な気持ち良いメロディーとビートにCAROLINA DAMASの囁くようなセクシーなヴォーカルが絡むシンセ・トリップ・ナンバーです。 DERRICK MAYによる美しいリミックス ver.もあります。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.NINA HAGEN / UNIVERSAL RADIO -UNIVERSAL DANCE MIX-

☆そのケバケバしい色気(!)と存在感で人気のドイツの姉御様ことNINA HAGENのNo.1クラブ・ヒット・ナンバー。グラマらスなテイストをまぶしたパンクで、ニュー・ウェイブで、ヘヴィで、ラウドなモロにN.Yなサウンドに、彼女らしい強烈で異様な個性が発揮されていてトバされる、YOKO ONO的なプログレ・ダンス・チューンです。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月26日 on Air
Power Play List
1.DEENA JONES AND THE DREAMS / ONE NIGHT ONLY -CLUB MIX EDIT-
☆BRAND NEW!2006年12月に公開されるBEYONCE主演の映画“DREAM GIRLS”からの先行カットナンバー。DIANA ROSSをモデルにしたDEENA JONESに扮するBEYONCEの'70年代ディスコ・ミュージックを感じさせる超アッパーなポップ・ダンス・チューンで、今までの彼女のイメージとは全く違ったサウンドに驚かされます。8分を越えるCLUB MIXはイケイケてるので、これからN.Yのハウス系クラブのゴールデン・ナイト・タイムを彩る事でしょう。


2.QUEEN LATIFAH / FLY GIRL −BRIXTON BASS MIX−

☆フィメール・ラッパーの正に女王である彼女の'91年のソング・ラップ名作で、R&Bやジャズ・テイストを取り入れたベース・ラインに柔らかな語り口のラップを聴かせています。当時まだ「若きラップ・クイーン」と言われていた彼女ですが、既に凛とした風格、もの凄くクールなオーラが放たれまくっています。もし機会があれば、是非レコ・ジャケの彼女も見て頂きたいです。


☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.GUY / TEDDY'S JAM -CLUB MIX-

☆この曲を避けては通れない、ブラック・ミュージック・シーンに衝撃を与えたTEDDY RILEY率いるGUYの激シブの傑作ダンサー。ミュー・ジャック・スウィングとファンクをミックスしたストリート感溢れるクラシック中のクラシックです。強靭なダンス・ビートのモロTEDDYサウンドに絡む熱いシャウトがたまりません!!!
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月12日 on Air
Power Play List
1.MIDNIGHT STAR / MIDAS TOUCH
☆80年代ファンクシーンをリードした大型バンドの艶めくナイト・ムードたっぷりのエレガントでスタイリッシュなアーバン・ファンク。甘くてセクシーでダンディーなソウルフル・ヴォーカルとクール&ヒップなブラコン・グルーヴに、聴いてるこちらの気分までがタイトル通りゴージャスになりそうな感じです。


2.ERIC DLAPTON / TEARING US APART

☆熱くたぎるイントロから飛ばしまくるファンキーでドライヴ感溢れるロック・ナンバー。強烈なグルーヴの渦を作り出すERIC DLAPTONのギターにPHILL COLLINSが叩き出すキレのいいシンプルなリズムが曲を際立たせ、デュエットで花を添えるのは“女JAMES BROWN”の異名を持つTINA TURNERで、ソウルがほとばしるパンチの効いたヴォーカルは聴き応えあり!な美味しすぎる曲です。


☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.MARVA KING / EVERY NIGHT

☆元PRINCE&THE NEW POWER GENERATIONのメンバーで、また大物アーティストの客演を数多くこなしてきたキャリアと実力を持ったソウル・シスターMARVA KINGが抜群の地力で聴かせるこの曲は、ソウルとR&Bをブレンドしてワインで割ったような熟成された味わい深いコクがあります。オシャレ〜!な生演奏のオケに彼女のKOOLなヴォーカルが映える充実度の高い仕上がりです。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 8月5日 on Air
Power Play List
1.WAR / LOW RIDER
☆ウエッサイの空気が届くような自由で開放的な気風の気持ち良いナンバーで、彼等らしいパーカッシヴなリズムが否応ナシにストリート・フレイヴァーを感じさせてくれます。CHARLS MILLERの激シブの低音ヴォーカルとフレキシブルなサックスが魅力的な、ゴールド・ディスクを獲得した西海岸クラシック!!数多くのファンク・バンドがひしめいていた'70年代でも屈指の人気を得ていたバンドでした。

2.高中正義and楽園ガールズ / EYELANDS

☆日本を代表するジャズ・ギタリストの、アルバム・タイトル通り“夏・全・開”なナンバー。まぶしいサンシャワーが降り注ぐ中を通り抜けるような清涼感溢れるブリージンなサウンドで、アイランド風のリラックスした心地良い時間を楽しめるようなヴァカンシーな曲です。熱い夏のBGMに最適です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.LED ZEPPELIN / FOOL IN THE RAIN

☆'70年代のブリティッシュ・ロックを代表するZEPPの曲の中で個人的に夏にオススメのナンバーで、2:26秒頃から曲がまるで“BOOKER T& THE MG'S / SOUL LIMBO”を思い起こさせるサルサ・テイストのノリノリの別曲へと変わってしまう(あ〜〜〜っ、この約1分間のお祭ノリな部分だけずっと聴いてて踊っていたいなぁ)爽快感たっぷりな作品で、ラテン音楽好きな方にもストライクだと思います。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月29 日 on Air
Power Play List
1.THE ROLLING STONES / CHERRY OH BABY
☆黒すぎるアルバム“BLACK AND BLUE”収録。ドロドロのレゲエ・ビートが強烈なナンバーで、当時レゲエやダブに傾倒していたKEITH RICHARDの影響が色濃く出た曲です。ロー・ビートながらもTHAT'S HOTなダンス・チューンです。

2.DEEE-LITE / Picnic In The Summertime −RONIN GET -DOWN-TEMPO REMIX−

☆オリジナルver.はアルバム“DEW DROPS IN THE GARDEN”収録。DEEE-LITEらしさが出たスキゾ・ヒップ・ハウスです。super D.J Dimitry,Miss.Kler,Tei Towaの三人からなるDEEE-LITEは音楽的な引き出しの幅広さと柔軟さでハウス・ミュージックの成熟期に活躍しました。ハウスというブラック・ピープルのアンダー・グラウンドなダンス・ミュージックをポップ・フィールドに持ち上げたという事はスゴイことでした。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.EDDY GRANT / NOBODY'S GOT TIME

☆'アルバム“MY TURN TO LOVE YOU”収録。本当に彼の曲は今のハウスミュージックの基盤になっていて、この曲もレゲエなのにハウスなんです。まさにトランスしていて後半から延々と続くJAZZYなホーンのブレイクがハマり度を増します。“TIME WARP”という別タイトルでインストver.が出ています。N.Yダンス・クラシックで今でも皆ギンギンにプレイしています。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月22日 on Air
Power Play List
1.GEORGE McCRAE / ROCK YOUR BABY
☆'74年全米ポップ、R&Bチャート2週連続No.1ヒットしたサザン・ソウルの名曲。作詞・作曲がKC&THE SUNSHINE BANDということもあり、マイアミ・テイストのビーチ・パーティー的なナンバー。聴き所はやっぱり清潔感に溢れたファルセット・ヴォーカルで唄われる気持ち良い豊かなメロディー・ラインで、誰もがウットリさせられる好感度大の大ヒット・ディスコ・チューンです。

2.MATTHEW WILDER / BREAK MY STRIDE −DANCE MIXー

☆N.Yマンハッタン出身のシンガー・ソング・ライター(大物アーティストに曲を提供したりしていた)MATTHEW WILDERが'70年代後半にL.Aに移ってから飛ばした大ヒット曲で、'80年代らしい元気で陽気なサウンドに思わず体が反応します。陽光が射し込むようなゴキゲンな曲調は、後にINNER CIRCLEにカヴァーされた楽しいナンバーです。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.TEDDY ROK SEVEN / FEEL feat. OKOU

☆フィンランドのジャズ・ドラマーTEPPO MAKYNENのプロジェクトによるお洒落なクラブ・ジャズの人気曲。クールさと力強さを兼ね備えた女性ヴォーカリストOKOUの美声をfeat.し、夏の気分を取り入れたインテリジェンスでラウンジーなジャズ・ナンバー。エンディングのチル・アウト的なアレンジもグー!で、踊るも良し、またホーム・リスニングしても最高に和めます。アルバム“UNIVERSAL FOUR”収録。

DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 7月1日 on Air
Power Play List
1.BOYZ U MEN / THANK YOU  -THE MOOG FLAVA MIX-
☆SHAI,JODECI,INTRO等、'90年代数多く出た男性ヴォーカル・コーラス・グループの中でもリーディング・ヒッターだった彼等の人気ナンバー。ストリート感を漂わせるミッド・アップのダンサーで、本領発揮の絶妙なコーラスをバックにリード・ヴォーカルがウィスパリング・ヴォイスで美しく感情豊かに歌い上げています。タイトル通り感謝の気持ちが溢れてきます。

2.ADRIANA EVANS / REMEMBER THE LOVE -SAMBA SOUL MIX-

☆ニュー・クラシック・ソウル・シーンで人気の実力派シンガーのサマー・ソウル・アンセム!!JAZZやR&Bを取り入れたお洒落な曲で、アコースティック・ギターのリフと'70年代ソウルの影響が色濃く表れている彼女のハイ・トーンの美声に心がほぐされる傑作ナンバー。夏の天気の良い日の昼下がりにオープン・カフェで聴きたくなるような曲です。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.STARSHIP / WE BUILT THIS CITY -SPECIAL CLUB MIX-

☆サンフランシスコ・ロック・サウンドの雄STAR SHIPの第一弾シングルで、'85年全米No.1ヒット・ナンバー。そのラジオ・フレンドリーでポップ且つ晴れ晴れする快活なメロディーと歌声は今も愛され続けています。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 6月17 日 on Air
Power Play List
1.PATRICE RUSHEN / FORGET ME NOTS
☆L.A出身のシンガー・ソング・ライターによる超定番のディスコ・クラシックで、ソウル〜R&B、ヒップ・ホップ、ハウス〜ダンクラ・ヘッズの耳にストライクなキャッチーな曲です。邦題は「忘れな草」で、美メロ+切ない歌詞+しっとりヴォーカル=涙な、特に女性にオススメ!の曲。この人の曲はハイ・クオリティで一定しています。

2.RODNEY FRANKLIN / THE GROOVE

☆お洒落感溢れる流麗で小気味良い調べのピアノ・ソロが気持ちよく映え、アフター・アワーズ感を醸しだす盛り上がりのN.Yクラシック。上品な大人のグルーヴでハウス〜ジャズ系DJに人気の曲で、クラブでは勿論、ラウンジやまたブティック等色々なシュチュエーションでオススメできるナンバーです

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.A TRIBE CALLED QUEST / I.C.U.(DOIN'IT)

☆'インテリジェンス・ヒップ・ホップ・グループA.T.C.Qらしい洗練された心地良いトラックにERYKAH BADUをfeat.して見事なコンビネーションのラップを決めるクールなナンバー。太く重〜いビートとダウナーなグルーヴネスがズッシリくる渋いというか苦みばしった、深夜のカフェやバーに良く似合う大人度高めの曲です。
DJ Kazz's Recommend −eenie meenie miny mo-    Good Friday 6月10日 on Air
Power Play List
1.INNER CITY / BIG FUN -ORIGINAL 12"MIX-
☆コズミックソウルの聖地デトロイトを拠点に活躍するオリジナル・デトロイト・テクノの御三家の1人KEVIN SAUNDERSON率いるINNER CITYのヴォーカル・ハウスの金字塔ナンバー。骨太なベースがうねり躍動感溢れるミニマルなリズムにスペイシーなシンセとピアノ、そしてソウルネスが絶妙にブレンドされたデトロイト・パターンなサウンドで、パッションとインテリジェンスを合わせ持ったINNER CITYらしいプレイ・スタイルです。

2.MICHAEL JACKSON / P.T.Y.(PRETTY YOUNG THING)

☆極秘に来日して各方面でサプライズを巻き起こしたマイコーの絶頂期のこの曲は、シングルカットする曲がどれもこれも大ヒットしたモンスター・アルバム“THRILLER”収録で、ロング・エディットver.も存在しますが、殆どのDJはこのアルバムver.をプレイ!!現在ももちろん好きではありますが、個人的にはやっぱりQUINCY大先生と組んでいたこの頃のマイコーの曲の方が好きだなぁ・・・。

☆☆☆今週のKool pick☆☆☆
3.MONICA  / BEFORE YOU WALK OUT OF MY LIFE -MINE DEAN MIX-

☆AALIYAH,BRANDYに続き14歳でデビューしたMONICAの人気のミッド・スロウ・ナンバー。アコースティック・ギターが美しいしっとりとしたメローなトラックに彼女の素晴らしい歌唱力が輝き、切なすぎるサビでグッときます。R&Bを一番気持ちよく、心地良く聴けるツボを押さえたこの感じが最高です。'98年にBRANDYと組んで特大ヒットを飛ばすMONICAですが、この頃の彼女もグー!です。

▲ページの先頭へ